体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

死ぬまでに見たい絶景!マッターホルンを眺めながらコーヒーを飲んできた

死ぬまでに見たい絶景!マッターホルンを眺めながらコーヒーを飲んできた

どうも、ワクワクに素直に夫婦で世界一周中のteriyakiです。

世界的にも有名なスイスの名峰マッターホルン。今回はそんなマッターホルンを眺めるのにベストな場所と乗るべき登山列車を、僕らの夢が叶った体験談と一緒にご紹介します。

 

夫婦で100のリスト「マッターホルンを眺めながらコーヒー」

photo by teriyaki

夫婦で世界一周中の僕。最大限に世界一周を楽しむために、夫婦で100のリストを作って旅をしています。
▶︎詳しくはこちら
夫婦の夢が叶う!僕らは「100のリスト」を作って世界一周の旅に出た

 

そんな僕たちのスイスに関するリストは「マッターホルンを眺めながらコーヒーを飲む」というもの。

テレビか雑誌でそんな光景を目にしたのでしょう。なんともよくありがちな夢です。そして「山を眺めるだけであって、トレッキングは絶対にしない。コーヒー飲んでゆっくりするんだ」という夫婦の決意が滲み出るこの項目。

スイスは物価の高い国ということもあり、世界一周者には避けられがちな国ですが、この時なんと、妻の家族が合流するという嬉しい事態に。これは夢を叶えないわけにはいきません。

なんて他力本願な夫婦なんでしょう。

 

マッターホルンとは?

photo by teriyaki

という訳で、夫婦で夢を叶えるというよりも夢を叶えてもらうためにスイスへ。ただ、雑誌かテレビの情報を鵜呑みにしたのでいまいち「マッターホルン」のことをよくわかっていない僕。

「すごい山」くらいの認識しかありませんでしたが、改めて調べてみると凄い山でしたのでここで基本情報をまとめておきます。

 

基本情報とトリビアを少し

photo by teriyaki

まずはマッターホルンの基本情報から。マッターホルンは「アルプス山脈」に属する山の1つで、スイスとイタリアの国境にまたがる標高4,478mの名峰です。

その名は牧草地を表す「matt」と山頂を表す「horn」に由来しているといわれています。連山が続くアルプス山脈の中でも珍しい独立峰で、かつては多くの登山家を恐れさせたとのこと。その鋭角にそびえる山の姿は世界的に人気が高く、多くの観光客や登山家がマッターホルンに訪れます。

 

マッターホルンを眺めるには?場所と行き方徹底解説

今回は登山をする気一切なしですので、「眺める」ということに主眼を置いて話を進めます。

 

マッターホルンはどこにある?

まずマッターホルンの詳しい場所はこちらです。

上でも書いた通り、スイスの南側イタリアとの国境に接する場所にありスイスからもイタリアからもアクセスが可能です。今回僕はスイス側からマッターホルンを眺めましたので、スイス側からのアプローチの仕方を説明します。

 

目指すは「ツェルマット」という街

photo by teriyaki

スイス側でマッターホルンを眺めるのにもっとも最適な街が「ツェルマット」と呼ばれる街。この街からならほぼどこからでもマッターホルンを眺めることが可能です。

日本から行く場合は直行便のあるチューリッヒを目指し、そこから列車でツェルマットへ向かうのがいいでしょう。

スイスは国鉄が発達しており、ツェルマットへも列車での移動も簡単です。一見すると遠く見えるチューリッヒーツェルマット間でも、所要時間は約3時間半。

途中乗り換えの必要がありますが、列車内はとても快適で、窓から見えるアルプス山脈をはじめとする自然景観はとても綺麗で、飽きることがありません。

 

スイストラベルパスが便利

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。