体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロンドンでしか体験できない30のこと

こんにちは!6歳のときに鑑賞した『ハリー・ポッターと賢者の石』に心を奪われ、イギリス・オックスフォードに2ヶ月間の短期留学に行った桃(@XxPeach)です。オックスフォード滞在中に訪れた都会ロンドンに魅了され、週2〜3で足を運んでいたほどハマってしまいました。

今回はそんなロンドン好きの私が考える、ロンドンでやったら面白いはず!な30のことをご紹介します。ロンドンに行ったことがある人でも、きっとまた訪れたくなること間違いありませんよ!

 

1.「メイキング・オブ・ハリー・ポッター」で「インセンディオ」と唱える

photo by ShutterStock

ロンドンからバスで約1時間ちょっとのところにある、映画制作会社ワーナー・ブラザースがもつ「メイキング・オブ・ハリー・ポッター」は、ハリー・ポッターの世界観がまるごと味わえる施設です。

オスカー俳優のエディ・レッドメイン主演の「ファンタスティック・ビースト」シリーズが2016年に開始され、また注目度を上げている施設の一つ。予約をしないと入れない日もあるほど、世界中からポッタリアン(ハリー・ポッターのファンの名称)が集まる場所で有名です。
■詳細情報
・名称:The Making of Harry Potter(メイキング・オブ・ハリー・ポッター)
・住所:Warner Bros. Studio Tour London, Studio Tour Drive, Leavesden, WD25 7LR
・アクセス:ロンドン・ユーストン駅→ワトフォード・ジャンクション駅→ハリーポッター・スタジオツアー駅(所要時間約25分)
・営業時間:8:30~22:00(日によって大きく異なります)
・定休日:年中無休
・電話番号:0345-084-0900
・料金:41ポンド/大人
・所要時間:3〜4時間程度
・公式サイトURL:https://www.wbstudiotour.co.uk/

 

2.パディントン駅でパディントンを椅子に座らせてみる

photo by ShutterStock

映画『パディントン』で優しく紳士なクマのパディントンが一躍有名になりました。そのパディントンの名前の由来となったのが、このパディントン駅。

実際にロンドンではパディントン・ベアが販売されているので、お土産に一つ購入し、ぜひ駅で座らせてみてください。
■詳細情報
・名称:London Paddington Railway Station(ロンドン・パディントン駅)
・住所:Praed St, Paddington, London W2 1HQ
・アクセス:キングスクロス駅よりCircle線またはHammersmith&Ciry線で11分
・営業時間:24時間
・電話番号:03457-11-41-41
・公式サイトURL:https://www.networkrail.co.uk/stations/paddington/

 

3.ハロッズでテディベアを購入

Harrodsさん(@harrods)がシェアした投稿 – 1月 27, 2018 at 5:19午前 PST

ロンドンといえば老舗デパートのハロッズが有名です。ナイツブリッジという駅のすぐ横にあるハロッズは、日本のデパートと同じく一階にはスイーツや高級ブランドが入っているものの、上階へ行くと文具やおもちゃを置いています。

昔から続くオリジナル商品を多数販売しており、中でも有名なのがハロッズ・ベア。一年ごとに作られるテディベアは、毎年違う顔・コスチュームで人気があります。

ぜひ一体、お土産にいかがでしょうか。
■詳細情報
・名称:Harrods(ハロッズ)
・住所:87–135 Brompton Road, Knightsbridge, London SW1X 7XL
・アクセス:KIGHTSBRIDGE(ナイツブリッジ)駅から徒歩1分
・営業時間:月曜日〜土曜日10:00〜21:00、日曜日11:30〜18:00
・電話番号:020 7730 1234
・公式サイトURL:https://www.harrods.com/en-gb/visiting-the-store

 

4.ベーカーストリート駅でジェームズ・ボンドの前で決めポーズをする

MEGさん(@___margaretuk____)がシェアした投稿 – 3月 6, 2018 at 3:35午後 PST

超有名な探偵シャーロック・ホームズは、このベーカーストリート駅が舞台。イギリスではハリウッド俳優のベネディクト・カンバーバッチ主演でテレビドラマ化、さらにはロバート・ダウニーJr.主演で映画化されるなど、世界中で大人気の作品です。

地下鉄を降り地上へ上がるまで、至る所にシャーロック・ホームズの絵が描かれており、シャーロック・ホームズ博物館に着くまでにワクワクできる空間を作っています。
■詳細情報
・名称:Baker Street Underground Station(ベーカーストリート地下鉄駅)
・住所:Baker Street Station Marylebone Rd, London, NW1
・アクセス:Bakerloo線, Circle and Hammersmith & City線, Jubliee線, Metropolitan線
・公式サイトURL:https://tfl.gov.uk/tube/stop/940GZZLUBST/baker-street-underground-station

 

5.コヴェント・ガーデンでストリート標識を買う

photo by ShutterStock

トラファルガー広場やピカデリー・サーカス周辺から歩いていける大きなマーケットであるコヴェント・ガーデンには、お土産にぴったりな掘り出し物が見つかることも多くあります。

1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。