ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メーガン・マークルのちょっと意外なアルバイト経験とは?

メーガン・マークルのちょっと意外なアルバイト経験とは?

人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』に出演したり、英国王室入りのための訓練をしたりするずっと前に、メーガン・マークルは全く別の仕事を持っていた。それは何と、カリグラファー(西洋書道家)だ。

少し意外かもしれないが、ハリー王子の未来の妻は2004年、ビバリーヒルズにある紙雑貨ブランド”Paper Source”で、アルファベットの書道と言われるカリグラフィーや、ギフトラッピング、製本を教える仕事をしていたという。

以下は、メーガンがカリグラフィーで書いたとされる手紙だ。

Meghan Markle has a talent with her elegant use of Calligraphy – but it is tricky for us Graphologists! What do you think? pic.twitter.com/rcE5jZsE9O
– Graphology (@BAOGraphology) 2017年12月3日

「私たち筆跡学者にとってはやりにくい文字だが、メーガン・マークルは、カリグラフィーを上品に使いこなす才能を持っている・・・」

「オーディションを受けながら、アルバイトをしていました」Paper SourceのCEOであるウィニー・パーク氏は『People』誌にこう語った。「彼女はカリグラフィーの先生でした。カリグラフィーのやり方を教える2時間のグループレッスンを担当していたのです」

メーガンはこの当時、フリーのカリグラファーとしても仕事をしており、2005年にロビン・シックとポーラ・パットンが結婚した際には結婚式の招待状を作っている。

ファンにとっては、メーガンがカリグラフィーの仕事をしていたというニュースに驚かないかもしれない。現在は閉鎖されている彼女のライフスタイルブログ『The Tig』の中でも、しばしばクリエイティブな一面を見せていたからだ。ブログの中でメーガンは、手描きのメモが好きだと明かしていた。

「彼女はクリエイティブな仕事をとても楽しんでいました。人を助けることも好きでしたし、創造して生み出す作業を楽しんでいました」

5月に行われるロイヤルウェディングの招待状は招待客に送られたばかりだ。そのデザインにメーガンが口出ししていても不思議ではない。招待状は、1985年から王室御用達のロンドンの印刷会社Barnard & Westwoodで作成された。イギリス製のカードにアメリカ製の黒と金のインクが使われているのが特徴だ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

大ひんしゅくを買ったベン・アフレックのタトゥーに親友マット・デイモンが反応
バーブラ・ストライサンド、亡くなった愛犬のクローン犬の動画を公開し話題に
ヘンリー・カヴィル、剃った口ヒゲを惜しんで動画を投稿し話題に
犬の横顔が「イヴァンカ・トランプにそっくり!」と話題に
アダム・リッポンが『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』出演の噂に反応「とても面白いと思う」

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。