ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ある日突然、喪主になる時代…準備はできるか?

超高齢化社会まっしぐらのニッポン。家族や大事な人の葬儀で、ある日突然、喪主になるというケースも少なくない。新入学や新入社、異動、転勤といった節目もこの時期に、「葬儀リテラシー」なる意識・実態調査を実施し、結果が公表された。

調査を行ったのは、85年以上の歴史と、年間1万件超えの葬儀実績をもつ、公益社。同社は、ことし3月7・8日、喪主の経験がある20~80代の男女500名を対象に、葬儀リテラシーに関してインターネット調査を実施。次のような結果が明らかになったという。

調査結果サマリー

喪主決定は「通夜の直前」、心の準備ができないままが半数

葬儀について故人と「話ができていなかった」という喪主が6割超

喪主を務めた葬儀で「後悔している」が半数

葬儀知識の有無が「葬儀の内容や満足度に影響する」が7割超

―――さらに、喪主たちからは、「葬儀費用が2倍」や「火葬場難民」といった声も出てきたという。

では、昨今の「葬儀リテラシー」には、どんなリアル事情があるか。

喪主決定は「通夜の直前」、心の準備ができないままが半数

まず、喪主を初めて務めたときの年齢については、平均が47.1歳で、50歳未満で喪主を務めた人が52%で半数以上に。初めて喪主を務めたときの故人は、どのような続柄の方だったかを聞くと、父が61%で最多。母23%、配偶者7%と続く。

また、喪主になることが決まったのは、「通夜の直前(当日・前日)」が47%と約半数。心の準備ができないまま、急に喪主を務めることになったというケースが多いという。

葬儀について故人と「話ができていなかった」という喪主が6割超

故人と生前、葬儀について十分な話ができていたかについては、「十分にできていた」が15%と、わずか1割台。

61%が、「話ができていなかった」と。その理由は「話すきっかけがなかったから」が39%と最も多く、「話す時間的なゆとりがなかったから」が35%、「話をする必要性を感じなかったから」が28%、「縁起が悪いと感じたから」が21%、「自分が考えたくなかったから」が20%と続く。

喪主を務めた葬儀で「後悔している」が半数

喪主を務めた葬儀に「後悔している」が49%。その理由はこうだ。

「本人の希望を聞けなかった」「親戚や知人などを把握できていなかった」(44歳・女性)

「安易に近所の葬儀会社へ依頼してしまったが、もっと事前に葬儀について調べておくべきだった」(60歳・男性)

こんな声から、同社は「事前の準備不足を後悔する人が多い」とコメント。また、「費用が想定の2倍以上になった」(61歳・男性)、「冬場の混雑期で、火葬場がなかなか押さえられなかった」(73歳・男性)など、「想定外のことがあった」という人が53%もいたという。

葬儀知識の有無が「葬儀の内容や満足度に影響する」が7割超

喪主になってから葬儀に関する知識不足を感じた人は、68%。

厚生労働省認定の技能審査「葬祭ディレクター」の資格を持つ社員が250名以上在席する公益社は、「葬儀リテラシーが低いまま喪主になった人が多い」とコメント。

また、同社はこうしたデータから、「葬儀会館に足を踏み入れる機会は、普段なかなか無いもの。事前に会館内の設備やようすを確認しておくと、いざというときも安心。『葬儀リテラシー』を高めるイベントやセミナーを定期的に開催中。詳細は公益社ホームページへ」と伝えている。終活読本 ソナエ Vol.20 (2018年03月19日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy