体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人におすすめの関東の滝14選

旅人におすすめの関東の滝14選

数あるパワースポットの中でも、今最も注目されているものといえば、やはり「滝」です。関東には東京から日帰りで楽しめるエリアに数多くの滝があり、どれも独自の個性を持っていて、美しく、そして神秘的です。

そこで今回は、一度は行きたい旅人におすすめの関東の滝14選をご紹介いたします。

 

1.七ツ釜五段の滝(山梨)

Yoshimitsu Takanoさん(@ytakano1222)がシェアした投稿 – 3月 11, 2018 at 12:06午前 PST

山梨県の西沢渓谷にある七ツ釜五段の滝は、キラキラと輝くエメラルドグリーンの滝壺と白いしぶきが美しい景勝地です。

特に秋の紅葉が素晴らしいと評判なので、予定の合う方はぜひ秋にここへと足を運んでみてください。
■詳細情報
・名称:七ツ釜五段の滝
・住所:山梨市三富

 

2.袋田の滝(茨城)

伊地知 潔さん(@kiyoshiakg)がシェアした投稿 – 2月 12, 2018 at 11:44午後 PST

日本三大名瀑の一つとして知られる袋田の滝は、120mを誇る高さもさることながら、横幅が73mと広く、非常に迫力のある観光スポットです。

滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれており、冬は気温が低いと滝が凍り、普段とは違うユニークな景色を楽しめます。
■詳細情報
・名称:袋田の滝
・住所:茨城県久慈郡大子町袋田3−19

 

3.竜頭の滝(栃木)

kumikoさん(@labchihuanyanko)がシェアした投稿 – 10月 20, 2016 at 5:47午前 PDT

竜頭の滝は、奥日光地域を代表する滝の一つで、華厳滝、湯滝と共に奥日光三名瀑に選ばれています。

大きな岩を挟んで二手に分かれている水の流れは豪快で、圧倒的な水量には感嘆してしまうこと間違い無し!また秋には紅葉、春から初夏にかけてはトウゴクミツバツツジが楽しめます。
■詳細情報
・名称:竜頭の滝
・住所:栃木県日光市中宮祠
・公式サイト:http://www.nikko-kankou.org/spot/6/

 

4.白糸の滝(静岡)

西村 壮貴さん(@wjnuvj)がシェアした投稿 – 3月 12, 2018 at 12:20午前 PDT

外国人にも人気!静岡にある白糸の滝は、その名にふさわしく滝が幾筋もの絹糸をたらして流れているようで、非常に優雅です。

都内からも日帰りで十分楽しめるので、次の週末にでも、静岡へ足を伸ばしてみてはいかがでしょう?
■詳細情報
・名称:白糸の滝
・住所:静岡県富士宮市上井出原
・公式サイトURL:http://www.city.fujinomiya.lg.jp/kankou/llti2b00000018ez.html

 

5.黒山三滝(埼玉)

Lionさん(@rsl3011)がシェアした投稿 – 12月 20, 2017 at 1:59午前 PST

黒山三滝とは、越辺川(おっぺがわ)支流の三滝川に落ちる上下二段の男滝(おだき)、女滝(めだき)と、やや下流の天狗滝の3つの滝の総称です。

男滝は落差11.2m、女滝は落差4.5m、天狗滝は落差20mと、滝一つとってもそれぞれ表情が異なり興味深いです。
■詳細情報
・名称:黒山三滝
・住所:埼玉県入間郡越生町黒山
・公式サイトURL:http://www.town.ogose.saitama.jp

 

6.早戸大滝(神奈川)

あおさん(@aogorou)がシェアした投稿 – 1月 24, 2018 at 12:15午後 PST

早戸大滝は別名「まぼろしの大滝」と呼ばれており、滝前にある岩壁が滝を隠すため、全体を一望することはできません。

また場所的には東京から近いですが、滝まで行く道のりが険しいため、たどり着くことができれば感動もひとしおです。
■詳細情報
・名称:早戸大滝
・住所:神奈川県相模原市緑区鳥屋

 

7.洒水の滝(神奈川)

eri8ireさん(@8eriririri8)がシェアした投稿 – 10月 30, 2017 at 10:17午後 PDT

滝沢川から流れ落ちる洒水の滝は、「日本の滝百選」、またその水は「全国名水百選」に選ばれている名瀑です。

滝の流れは3段に分かれており、あわせると全長115mにもなる大きさで迫力満点です。
■詳細情報
・名称:洒水の滝
・住所:神奈川県足柄上郡山北町平山
・公式サイト:https://www.town.yamakita.kanagawa.jp/contents_detail.php?frmId=198

 

8.濃溝の滝(千葉)

masaki_ishiyamaさん(@mytk1109)がシェアした投稿 – 3月 11, 2018 at 9:08午後 PDT

「ジブリの滝」と呼ばれている、千葉の秘境「清水渓流公園」にある濃溝の滝。洞窟の中に差し込む日の光がハート形にみえ、まるでジブリ映画の世界のようだとSNSでも話題のスポットです。
■詳細情報
・名称:濃溝の滝
・住所:千葉県君津市笹
・公式サイト:https://www.city.kimitsu.lg.jp/soshiki/27/2123.html

 

9.払沢の滝(東京)

Navinda Kithmal Wickramasingheさん(@nkwicky)がシェアした投稿 – 8月 26, 2017 at 9:49午後 PDT

日本の滝百選に入る払沢の滝は、檜原村の滝を代表する名瀑で、落差は4段、そして高さは約60メートルもあります。

最下段(落差約26m)の落ち込みにある深い淵はとても神秘的で、古くから大蛇が住むと伝えられており、年間を通して多くの観光客がここを訪れます。
■詳細情報
・名称:払沢の滝
・住所:東京都西多摩郡檜原村本宿
・公式サイト:http://www.vill.hinohara.tokyo.jp/0000000023.html

 

10.華厳の滝(栃木県)

つっつーさん(@spitz_1009)がシェアした投稿 – 3月 12, 2018 at 3:12午前 PDT

華厳の滝は、高さ97メートルの岸壁を一気に落下する壮大な滝です。自然が作り出す滝の雄大さと、華麗な造形美の両方を楽しむことができます。
■詳細情報
・名称:華厳の滝
・住所:栃木県日光市中宮祠
・公式サイト:http://www.nikko-kankou.org/spot/5/

11.吹割の滝(群馬)

yuuko yanagidaさん(@sakusakuboris)がシェアした投稿 – 11月 11, 2017 at 10:08午後 PST

群馬県にある吹割の滝は別名「東洋のナイアガラ」と呼ばれ、親しまれている人気の観光スポットです。

滝は高さ7メートル、幅30メートル余りに及び、ごうごうと落下・飛散する瀑布は迫力満点です。
■詳細情報
・名称:吹割の滝
・住所:群馬県沼田市利根町追貝
・公式サイト:http://www.city.numata.gunma.jp/kanko/fukiware/

 

12.吐竜の滝(山梨)

Japango Samuraj Turさん(@japango_samuraj_tur)がシェアした投稿 – 2月 14, 2018 at 3:39午前 PST

吐竜(どりゅう)の滝は、岩間から絹糸のように流れ落ちるような神秘さから、このように名づけられました。

落差10メートル、幅は15メートルで、滝が本来持つ激しいイメージとは違い、日本庭園のような趣があります。小さい滝が何段にもなって落ちる姿が風情があり、おすすめのスポットです。
■詳細情報
・名称:吐竜の滝
・住所:山梨県北杜市大泉町西井出8204−1
・公式サイト:http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4825.html

 

13.精進ヶ滝(山梨)

Taki Kobuseさん(@taki1006)がシェアした投稿 – 10月 15, 2017 at 8:57午後 PDT

日本の滝100選にも選ばれた、東日本最大、落差121メートルの名瀑です。

深い緑に囲まれた美しい姿から東日本一の名瀑と呼ばれる精進ヶ滝は、その昔神仏に祈願するためこの滝の水を浴び、身体のけがれを洗い流した故事が名前の由来だと言われています。
■詳細情報
・名称:精進ヶ滝
・住所:山梨県北杜市武川町黒沢
・公式サイト:https://www.hokuto-kanko.jp/guide/shojigataki_waterfall_ishiutoro_valley

 

14.丸神の滝(埼玉)

︎Hoshika︎さん(@hoshika_s)がシェアした投稿 – 11月 3, 2017 at 10:03午後 PDT

丸神の滝は埼玉県内で唯一「日本の滝百選」に選定された名瀑です。滝は3段で、1段目は12メートル、2段目は14メートル、3段目は50メートルと、合計全長76メートルもの長さがあります。

春の新緑、夏の水量、秋の紅葉、冬の凍結と、四季を通じて様々な姿を楽しめます。
■詳細情報
・名称:丸神の滝
・住所:埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森
・公式サイト:http://www.kanko-ogano.jp/archives/1468/

 

マイナスイオンたっぷり!次の休みは滝へ遊びに行こう

いかがでしたか?日本の首都・東京があることから、都市的なイメージが強い関東ですが、中心から少し離れてみれば魅力的な自然スポットもたくさんあります。

今回ご紹介した滝はどれも東京から行きやすいため、日帰りでも十分楽しめるのが嬉しいところ!

春、夏は草木や花々、秋、冬は紅葉や雪景色と、一年を通して様々な絶景が鑑賞できるので、今回の記事を参考に、滝めぐりを楽しんでみてくださいね!

関連記事リンク(外部サイト)

バンコクから日帰りで行ける!美しい滝「エラワンの滝」が神秘的
群馬観光でおすすめの絶景7選
東京の大自然溢れる絶景スポット10選
アフリカ旅行の目玉!世界三大瀑布の「ヴィクトリアの滝」

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。