ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが今のロックシーンに与えた影響とは

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが今のロックシーンに与えた影響とは
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。3月26日(月)のオンエアではemmaとのコンビでお届け! 週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていく「FEATURE TOPICS」のコーナーでは、3月28日(水)にベストアルバム第2弾「BEST HIT AKG 2 (2012-2018)」をリリースするASIAN KUNG-FU GENERATIONを取り上げました。

2000年代初頭、BLANKEY JET CITYやTHEE MICHELLE GUN ELEPHANT、NUMBER GIRLといったひとつの時代を築き上げた数々のバンドが解散という終止符を打ちました。そのバトンを引き継ぐかのようにデビューを果たしたロックバンドが、ASIAN KUNG-FU GENERATIONです。

1996年に同じ大学の軽音サークルで知り合ったメンバーで結成。バンド名は「THEE MICHELLE GUN ELEPHANTみたいに英単語を3つ並べよう!」と思い決められました。

メンバーは、後藤正文(Vo&Gt)、喜多建介(Gt)、山田貴洋(Ba)、伊地知潔(Dr)の4人。大学卒業後、会社員になってからも横浜を中心にライブ活動を続け、少しずつ集客を増やすようになっていきました。

2002年には、バンドとして初の正式な音源となるミニアルバム「崩壊アンプリファー」をリリース。収録曲「遥か彼方」はテレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト-』の主題歌に起用され、当時アニメを観ていた若い世代を中心に、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの名前は大きく広がっていくことになりました。

2003年には「崩壊アンプリファー」がキューンミュージックから再リリースされ、メジャーデビューを果たします。この年はフジロックフェスティバルの新人ステージ「ROOKIE A GO-GO」、SUMMER SONICにも出演。そして彼らが主催するロックフェス「NANO-MUGEN FES.」もスタートしました。

さらにこの年の11月には、1stフルアルバム「君繋ファイブエム」がオリコンチャート初登場4位を記録。当時の彼らのサウンドの大きな特徴は、四つ打ち+オクターブギターを駆使した王道ロックナンバー。

この“四つ打ちロック”は、その後のロックシーンで耳にしない日はないほど定番化していくことになります。KANA-BOONやKEYTALK、フレデリック、キュウソネコカミなど、現在、第一線で活躍するロックバンドの多くがこのスタイルを取り入れています。そのことからも、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの功績の大きさがうかがえます。

そして2004年には、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの人気を決定づけるアルバム「ソルファ」をリリース。このアルバムは、バンド結成20周年を迎えた2016年に再レコーディング盤をリリースしたことでも話題になりました。

この日はASIAN KUNG-FU GENERATIONの初期を紹介してきました。27日(火)のオンエアでは、さらに時系列での活動を追いながら、「アジカンのここがすごい!」をいろんな角度から検証していきます! ぜひ続けてチェックしてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。