ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

路上駐車「故障中」貼り紙は通用する?しない?

路上駐車「故障中」貼り紙は通用する?しない?

駐車監視員は機械のように任務を遂行しているわけではありません。交通の支障となる路上駐車よりも、駐禁チケットを貼りやすいクルマが優先されることもあります。そこで、例えば駐車監視員に駐禁チケットを貼られにくくするために、路上駐車で「故障中」の貼り紙をすると通用するのでしょうか?

故障中の禁止場所の路上駐車は違法

「車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること」、これが駐車の定義になります(道交法第2条第1項第18号前段)。たとえ故障であっても、禁止場所に路上駐車すれば違反なのです。

大体、故障中であれば普通はレッカー車が来るまで待つものでしょう。貼り紙してどこか行ってしまうなんておかしな話。今はスマホがあるので「公衆電話を探しにクルマから離れた」という言い訳も通じません。

本当に故障で止まってどうしてもその場を離れなければならないなら、その旨を警察に正直に連絡するのが得策です。そうすれば、場合によっては見逃してもらえるかもしれません。

なお、駐車監視員が取り締まるのは、運転者が離れて直ちに運転することができない状態の路上駐車。これを「放置車両」といいます。運転できる者が車内またはすぐそばにいなければならないのです。

路上駐車の事情を説明しても無理

とはいえ、駐車監視員は車内にいる人物の運転免許証まで確認しません。運転免許がなくても誰かいれば、事実上セーフというのが実状。小学生などは完全にアウトですが、後でトラブルになることを嫌って、とにかく人間が乗っていればセーフとする駐車監視員もいるようです。

一方、路上駐車してクルマへ戻ったら、駐車監視員がフロントガラスにちょうど駐禁チケットを貼ったところだった…ということもあります。やむを得ずどうしても路上駐車した事情を説明し、駐禁チケットを剥がしてもらうことはできるのでしょうか。

答えは、絶対に無理。駐禁チケットを剥がせるのは、そのクルマの運転者や管理者のみ。駐車監視員には、いったん貼った駐禁チケットを剥がす権限がありません。駐車監視員が勝手に剥がしたら警察から大目玉を食らいます。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。