ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

キャラと中の人はそっくり!?『HUGっと!プリキュア』引坂理絵・本泉莉奈・小倉唯インタビュー

――少しストーリーが進んで、お互いそれぞれが演じているキャラクターと似ている部分を感じますか?

小倉:私はすごくキャラクターと一致しているなと思って見ていました。

本泉:はなちゃん(引坂)は、そのまんまはなちゃん!

引坂:ほんとに!?

小倉:中の人とすごく性格もリンクしているし。真っ直ぐひたむきなところとか、前髪もだけど(笑)。アンジュ(本泉)も心優しい子。お姉さんというか落ち着いていて頼れる存在。

引坂:
うん、見ているだけで安心するよね!

本泉:本当に? あら~、嬉しい(笑)。

引坂:天使感あるよね。エトワール(小倉)はギャップがあると思う!

本泉:めちゃくちゃ食べる(笑)。

引坂:そのギャップがあるところがほまれちゃんぽいというか。

本泉:クールだけど可愛いところもあって。

引坂:
やっぱりみんな似ている要素があるのかなって思います。

先輩プリキュアはとにかくカッコイイ!

――実際に収録が始まって監督や坪田さんから受けたキャラクター説明で印象的だったものや、演じる上で大事にしていることは?

引坂:私は「今やっているよりも元気に!」とか、「もっと楽しく、もっとやっちゃおう!」と指示をいただいています。

本泉:さあやは、とにかく天使だと(笑)。羽根も生えているので、天使感を意識しながらやっています。あとは包み込む優しさ、包容力を普段から心がけています。はなちゃんが「みんなに優しく出来るのは勇気があるからだよ」って言ってくれた場面があったんですけど、それがすごく響いていて。本人は自信がないので褒められてもすぐに素直に喜べないようなところがあるんですが、そういったところは強さに変えていって。バトルが肉弾戦なので、薬師寺さあやではなくアンジュになったときにその強さを表現するなど、使い分けるようにしています。

小倉:ほまれは普段はすごくクールでカッコイイ、女の子の憧れ的存在で、ボーイッシュな部分も見え隠れするんですけど、実際に演じていく中で恥ずかしがり屋な一面だったり、ギャップが垣間見える瞬間があって。彼女自身も元々はすごくいい子で真っ直ぐな女の子で、そういった面から過去にちょっとトラウマがあったりして、棘がある部分もある。そんな過去から、彼女なりに「一歩踏み出したいけど踏み出せない」っていう葛藤がすごく本編中では描かれているので、「心の揺れ動きをほまれは常に意識しながら演じてもらいたい」という言葉は、最初にいただいていました。特にそれが描かれたのが前半だったので、プリキュアになれるのかなれないのかというくだりでは、心境がすごくあらわになっていて。だからそういった心の揺れ動きを意識しながら演じさせていただいたんですけど、プリキュアになってからは、もう自信に満ち溢れて、力のプリキュアなのでカッコイイみんなの憧れ的存在になれるように頑張りたいなと思っています。

――映画の収録では先輩プリキュアのキャストも一緒で、息が合っていることに驚いたようですが、先輩たちを見ていかがでしたか?

本泉:とにかくかっこよかったです。

引坂:回数を重ねていくごとに息が合ってくるのかな?というのは、おぼろげに思うのですが、 まだ見えてこないところがあって。

小倉:逆に不安になったよね。だんだん私達もちょっとずつ合ってきたかな?みたいな希望が見えてきたところで、これが現実か……って(差を見せつけられて)。

本泉:でも逆に負けてられないな、とも思いました。

小倉:団結力がより上がった感じもしますね、先輩の影響を受けて。私達ももっとそれ以上のものを目指して頑張らなきゃと、士気が高まった気がします。

――でも毎年新プリキュアのキャストさんは「最初は合わない」って言うそうですよ。

小倉:やっぱりそうなんですか? 先輩からもそう言われて。「私達も20数話まで合わなかったから大丈夫だよ。いつか合うから!」って言われて、「やっぱり私達合ってないんだ」って(笑)。来年には立派な先輩プリキュアになりたいな。

引坂:
本当に!

本泉:まだ全然実感が湧かない(笑)。

――他に何かアドバイスされたり、勉強になったことはありますか?

本泉:アフレコされている様子を見ていて、みなさんキャラの特性が身にしみていらっしゃるのか、彼女だったらこうする、というのをどんどん提案されていました。「ここはこういう風にしていいですか?」とかおっしゃっていたので、見習ってどんどん自分のキャラも魅力的にしていかないとな、と感じました。

プリキュアは声優にとって宝物になる作品

――では、本編とは別の今回の映画版ならではの見どころを教えてください。

引坂:はなちゃんとしての見どころは、今回の話が約束を守れなかったところからスタートしていて、それに対してはなちゃんがどういったアプローチをしていくかが、キーになってくる印象があるんです。クローバー(今回のオリジナルキャラ)の芯の部分にぶつかるところがお話としても出てくるので、そこはすごく見どころになると思います。

本泉:今回、テーマは約束なんですけど、3世代のプリキュアが集まるということで、本編のアニメでは見られない世代を越えたキャラクター同士の絡みなどに注目していただきたいなと思っています。本当に「1人じゃダメでも2人なら、2人でダメでもみんななら!」というシーンがあって、みんなで悪に立ち向かう結束力や、プリキュア同士の絆を強く感じられる作品だと思いますので、何度でも観ていただきたいなと思います。

前のページ 1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき