体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

めんつゆ最強!モッツァレラチーズも漬けるとめちゃウマと話題→つくってみた

めんつゆ最強!モッツァレラチーズも漬けるとめちゃウマと話題→つくってみた

 ちょっと前にツイッター上を賑わせていた「めんつゆ」。発端は「めんつゆに料理の味付けを頼るなんて云々」といった内容だったかと思いますが、出汁をわざわざ取らなくても一発で味が決まるめんつゆは毎日の料理の強い味方。「めんつゆは日本のどこを掘っても出てくる説」や「めんつゆの木から抽出されるめんつゆは日本の宝説」など大喜利状態ともなったほど愛されている訳ですが、モッツァレラチーズにも合うという事を聞きつけたので早速試してみました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 モッツァレラチーズのめんつゆ漬けを考案したのは、料理研究家の河瀬璃菜 りな助さん。

 「みんな、めんつゆにモッツァレラチーズを漬けたことがないから、めんつゆはダメとか言うんだ…..めんつゆモッツァレラ最高だからな…モッツァレラチーズをめんつゆに漬けるだけ!究極に美味い『漬けモッツァレラ』を今すぐ作るべき」と、詳細のレシピの掲載URLとともにそのおいしそうな写真を投稿しています。

みんな、めんつゆにモッツァレラチーズを漬けたことがないから、めんつゆはダメとか言うんだ…..

めんつゆモッツァレラ最高だからな…

モッツァレラチーズをめんつゆに漬けるだけ!究極に美味い「漬けモッツァレラ」を今すぐ作るべき https://t.co/PJOMt6KfYC pic.twitter.com/510ApfXYku

— 河瀬璃菜 りな助(料理研究家) (@Linasuke0508) March 25, 2018

 これを見た人たちからは「美味しそう」「ちょうど買ってきたとこだったので試してみます」「作りたい!」という反応が続々と。筆者ももちろん食べてみたい衝動にかられ、河瀬さんに作ってみたものを実食して記事にしたい旨お願いしてみたところ、快くOKしてくださったので速攻で買い物に行ってきました。

■つくってみた

 さて、材料。元のレシピではモッツァレラチーズ2個分に対しめんつゆ(3倍濃縮タイプ)と水それぞれ100mlずつというものなのですが、一人で食べるのに2個は多いかも?という事で全部半分の分量にして作りました。要はめんつゆ:水の比率を1:1にする感じ。

<筆者が使った実際の材料>
・モッツァレラチーズ 1パック(1個)
・めんつゆ(3倍濃縮) 50ml
・水 50ml

<作り方>
 これはレシピに忠実に、めんつゆと水を混ぜたものをジッパー袋に入れてモッツァレラチーズを投入、空気を抜いて冷蔵庫で一晩。まんべんなく漬け液に漬かるように空気を抜いて密封した後にコップに入れて冷蔵庫に入れてみました。


 翌朝。朝ごはんにさっそく食べてみようと取り出し切り分けてみます。表面がいい感じの色合い。

■燻製っぽい?

 では、いただきます。ぱく。お!これは……美味い。朝から酒のアテにしたくなってしまったのはここだけの話ですが、チーズにめんつゆの味が丁度よくしみ込んでおり実に良い。枯節系の出汁特有のスモーキーな香りは燻製っぽさも。朝から一杯やりたくなる感じでしたが、辛うじて自分にストップ掛けました。

 淡白なチーズって和食の味付けによく合いますね。クリームチーズの味噌漬けなども聞いたことがありこれも酒のつまみに非常に合うそうですが、モッツァレラチーズもこんなに合うとは。フレッシュチーズの漬物は、やはり良いものです。薬味もりもりかけて食べるのも合いそうだなぁ。出来上がったチーズのめんつゆ漬けは2~3日くらいで食べきってくださいね。今度はぬか漬けチーズも作ってみようかな……。

 「漬けモッツァレラ」の詳細とアレンジレシピはこちらのURL(http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/fcf/3697)に記載されていますので、ぜひ試してみてくださいね。

<記事化協力>
河瀬璃菜 りな助さん(@Linasuke0508)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

全国から厳選された「とびはねグルメ」が日替わりでやってくる・「麺やとびはね」六本木ヒルズに開店
沼津の新名物「シーラカンス焼き」が誕生したワケとは
くら寿司でイタリアン?回転ずしのファミレスメニューを食べてみた

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。