ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特大牡蠣のおいしさに山口智充・浦浜アリサ大感激! 春の糸島ドライブ、おすすめスポット

特大牡蠣のおいしさに山口智充・浦浜アリサ大感激! 春の糸島ドライブ、おすすめスポット
J-WAVEで放送中の番組「TOYOTA DRIVE IN JAPAN」(ナビゲーター:山口智充・浦浜アリサ)。3月は春の福岡ドライブを楽しみます。23日(金)のオンエアでは、人気の糸島を満喫しました。

目的地は、加布里漁港の牡蠣小屋「住吉丸」。ビニールハウスのような建物にお客さんが賑わっていました。糸島は入り組んだ地形になっていて港のそばで漁師さんが牡蠣小屋を出しています。中でも人気の「住吉丸」は炭火焼きで牡蠣を楽しむことができます。

180326_DRIVEINJAPAN002.jpg

山口が気になったのは、お客さん全員が着ている同じ服。匂いがついたり、タレが飛ぶのを防ぐためか、ここで食事をする人は全員「住吉丸」の黄色いジャンパーを着用します。注文する際、牡蠣の大きさを特大・大・中・小から選びます。山口と浦浜は、5〜6個入りの特大牡蠣、さらにハマグリ、イカ、牡蠣御飯を選びました。

食事中お隣だったママ友だという地元の3人組に、チーズ・ダッカルビ風やアヒージョなど地元ならではの達人からのおすそ分けも。浦浜も「これは通い慣れてらっしゃる方のワザ」と、その味に大満足の様子でした。

180326_DRIVEINJAPAN003.jpg

そんな交流の間に焼き上がった特大の牡蠣に、山口と浦浜も感激。山口は「牡蠣が美味すぎて浦浜アリサが僕のウインドブレーカーを叩いている音です」とその場の雰囲気を実況していました。糸島の牡蠣小屋の季節は11月から4月までと約半年、東京からわざわざ食べに飛行機でやってくる常連さんもいるそうです。

180326_DRIVEINJAPAN004.jpg

次回3月30日(金)は、糸島ドライブの最終回。フォトジェニックなスポットなども登場しますので、お聴き逃しなく。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TOYOTA DRIVE IN JAPAN」
放送日時:金曜 16時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/driveinjapan/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy