体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特濃ご当地感マシマシ!「行列のできる店のラーメン×ラーメン大好き小泉さん」コラボ動画

特濃ご当地感マシマシ!「行列のできる店のラーメン×ラーメン大好き小泉さん」コラボ動画

 ミステリアスなラーメン大好き女子高生がラーメンを食べまくる、という説明で全てが終わってしまいそうで、実はそれだけじゃない鳴海なるさんの人気まんが「ラーメン大好き小泉さん」。

 実写ドラマに続き、2018年1月から始まったTVアニメも大好評ですが、3月26日から日清食品の「行列のできる店のラーメン」とコラボ。小泉さん(CV:竹達彩奈さん)によるWEBムービーが公開されました。しかもラーメンの美味しさに惹かれた小泉さんが、思わず和歌山弁で魅力を語るというバージョンも!これは注目です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ラーメンホリックとはいえ、普段はよほどのことがない限り行列に並ばない小泉さん。珍しくラーメン店の行列に並んでいます。お目あては「行列のできる店のラーメン 和歌山」。

 ご存知、醤油発祥の地である和歌山県。鎌倉時代に中国留学の経験がある興国寺の僧、覚心が中国で覚えた径山寺味噌(金山寺味噌)の製法を湯浅(現在の湯浅町)の人々に教えていたところ、仕込み方法を間違って現在の「たまり醤油」のようなものができたことが醤油の発祥とされます。その醤油を用いた豚骨醤油スープが特徴のラーメンです。

 とはいえ、カップ麺のために小泉さんが並ぶ?と思ったらいけません。小泉さんの目が本気モードに変わり、怒涛の解説が始まります。あぁ、でもこの「もったいないです」のさげすむような目線、大澤さんでなくともゾクゾクしますね……。



 ここで小泉さんが語る通り、同じ「豚骨醤油」といえど、横浜家系ラーメンと和歌山ラーメンでは、その特徴が違うのです。和歌山ラーメンでは醤油ベース(醤油で煮込んだ豚骨を使ったスープで、醤油の香りが特徴)の豚骨醤油スープと、豚骨ベース(濃厚でまろやかな豚骨スープに香り高い醤油を合わせるタイプ)の豚骨醤油スープの流れがあり、この「行列のできる店のラーメン 和歌山」は後者の豚骨ベースの豚骨醤油スープを採用していることが判ります。



 そしてラーメンを一気に食べる小泉さん。食べ終わった至福の表情もたまりません。





 同時に公開されている「特濃和歌山弁Ver.」では、方言指導を受けた竹達彩奈さんによる和歌山弁も堪能できます。心なしか、こちらの方がより小泉さんの凄みが増しているように感じるのは、ラーメンに惹かれた心の叫びだからでしょうか……。



 これと合わせて、日清グループオンラインストアでは、3月26日10時から「行列のできる店のラーメン 和歌山」を1箱(12食入り)を購入すると、先着1000名に「ラーメン大好き小泉さん」特濃コラボ限定手ぬぐいをプレゼントするキャンペーンも実施していますよ。

(c)鳴海なる/竹書房

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

「カードキャプターさくら」友枝中学・女子冬服がコスパティオから登場
「日本のアニメ聖地88」を徹底紹介する完全ガイド 2018年版発売
ツインエンジンが「ショートアニメ.com」を開始 企業とアニメ制作現場のコミュニケーションを再定義したい

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。