体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人におすすめの能登半島の観光スポット12選

旅人におすすめの能登半島の観光スポット12選

南北に長い能登半島は、地域ごとに様々な特色があり、見ごたえ抜群!能登半島の自然の作り出す素晴らしい絶景スポットも多く、各地に名勝地が数多く存在します。

また、漁場にも恵まれていることから魚介類も豊富に水揚げされ、海の幸を存分に味わうこともできる地域としても知られています。そこで今回は、そんな魅力がある能登半島のおすすめ観光スポットを、厳選してご紹介していきます。

 

白米の千枚田

hiyoさん(@hiyo160)がシェアした投稿 – 2017 6月 17 6:40午後 PDT

白米千枚田は、石川県輪島市白米町にある棚田です。小さな田が幾重にも重なり広がっており、海岸まで続く絶景は、日本の棚田百選・国指定文化財名勝に指定されています。
■詳細情報
・名称:白米の千枚田
・住所:石川県輪島市白米町99-5
・アクセス :バスセンターふらっと訪夢より北鉄バス宇出津行25分、白米より徒歩すぐ
・公式サイトURL:http://senmaida.wajima-kankou.jp

 

千里浜海岸

Takako Milmoaさん(@milmoa)がシェアした投稿 – 2017 9月 28 9:22午後 PDT

8kmに及ぶ砂浜は乗用車の乗り入れOKのドライブウェイ。気持ちよく車を走らせることができます。夏のシーズンには海水浴場にもなり、ロープが張られて海水浴客とドライブを楽しむ人の安全が図られます。

天然のハマグリを採ることもできます!
■詳細情報
・名称:千里浜海岸
・住所:〒925-0001  石川県羽咋市千里浜町・羽咋郡宝達志水町
・アクセス: 能登方面から、のと里山海道 千里浜IC下車
・公式HP:http://www.pref.ishikawa.lg.jp/sizen/miryoku/miryoku3.html

 

和倉温泉

@tp.fireがシェアした投稿 – 3月 21, 2018 at 4:17午前 PDT

1200年前、シラサギが傷を癒したという言い伝えが残る和倉温泉。全国有数の高級温泉街として知られており、七尾湾に面した多くの旅館が立ち並んでいます。この温泉は七尾湾の海際にあるため塩分が豊富で、皮膚への殺菌効果や保温効果などが期待できます。
■詳細情報
・名称:和倉温泉
・住所:石川県七尾市和倉町
・公式サイトURL:http://www.wakura.or.jp

 

大本山総持寺祖院

photo by pixta

秋に能登半島に行くならここ!大本山総持寺祖院は、輪島でも屈指の紅葉スポットとして人気が高く、特に秋が深まる11月中旬前後には多くの観光客で賑わいます。1321年に創建された歴史ある曹洞宗の寺院なので、ぜひ足を運んでみてください。
■詳細情報
・名称:大本山総持寺祖院
・住所:石川県輪島市門前町門前1-18 甲
・アクセス:能登有料道路穴水I.Cより車で20分 / 北陸バス金沢より門前急行で2時間(總持寺)
・公式サイトURL:http://www.wannet.jp/noto-soin/

 

千里浜なぎさドライブウェイ

photo by pixta

日本で唯一!砂浜でドライブを楽しむことができる、千里浜なぎさドライブウェイ。全長8km続く砂浜は、砂の粒子が細かいため車で走っても問題なく、乗用車だけでなく大型観光バスや自転車も走行可能だそうです。
■詳細情報
・名称:千里浜なぎさドライブウェイ
・住所:石川県羽咋市
・アクセス:能登方面から、のと里山海道 千里浜IC下車
・公式サイトURL:http://www.city.hakui.lg.jp/sypher/www/section/detail.jsp?id=595

 

禄剛埼灯台

photo by pixta

能登半島の最先端にある禄剛埼灯台は、明治時代に建てられた歴史ある建造物で、日本の灯台50選にも選ばれた名所です。ここは朝陽と夕日をまったく同じ場所で見られることで有名で、普段は中に入ることができませんが、年に数回だけ内部公開も行っているそうです。
■詳細情報
・名称:禄剛埼灯台
・住所:石川県珠洲市狼煙町
・アクセス:北陸自動車道「金沢森本I.C」から車で173分

 

輪島朝市

keiko *さん(@kei_shima30)がシェアした投稿 – 1月 8, 2018 at 4:21午後 PST

輪島塗で有名な輪島市。もともと観光客が多い街ですが、中でも輪島朝市は特に人気が高いです。道の両側に所狭しと約200軒もの露店が並ぶ、非常に活気がある朝市。奥能登の素朴な人情を感じることができます。
■詳細情報
・名称:輪島朝市
・住所:石川県輪島市河井町1部115
・アクセス :輪島マリンタウンから徒歩約5分
・公式サイトURL:http://www.wajimaonsen.com/article_detail/66_1.html

 

よしが浦温泉 ランプの宿

💎 LADY CAT💎さん(@ladycat_tokyo)がシェアした投稿 – 11月 8, 2017 at 4:40午前 PST

絶景の奥能登最先端に位置するランプの宿は、近年、海外の富裕層から「日本のローカルリゾート」として注目を集めています。館内には約50個のランプが灯り、幻想的でロマンチックなひとときを過ごすことができます。
■詳細情報
・名称:よしが浦温泉 ランプの宿
・住所:石川県珠洲市三崎町寺家10−11
・アクセス :珠洲駅より葭が浦停留場下車、徒歩15分
・公式サイトURL:http://www.lampnoyado.co.jp

 

のとじま水族館

キタアコさん(@ako_0423)がシェアした投稿 – 11月 21, 2017 at 7:24午前 PST

能登半島近海に住む魚を中心に、約500種4万点の生きものを飼育している水族館です。イルカ・アシカショーをはじめ、カワウソの「おやつタイム」、アザラシの「お食事タイム」、ペンギンの「お散歩タイム」など、多彩なイベントが開催されています。
■詳細情報
・名称:のとじま水族館
・住所: 石川県七尾市能登島曲町15部40
・アクセス :和倉温泉駅からバスで20分
・公式サイトURL:http://www.notoaqua.jp

 

輪島キリコ会館

mrezafaisalさん(@mrezafaisal)がシェアした投稿 – 8月 5, 2017 at 9:59午後 PDT

キリコ会館は、古くから能登地方の各地で夏から秋にかけて行われている、伝統的な「キリコ祭り」に関する展示を行っている場所です。実際に使われているキリコの展示や神事などの紹介をしており、館内に展示されているたくさんのキリコは圧巻の一言です。
■詳細情報
・名称:輪島キリコ会館
・住所: 石川県輪島市マリンタウン6-1
・アクセス :金沢より特急バス利用約120分「輪島マリンタウン下車」徒歩2分
・公式サイトURL:http://wajima-kiriko.com

輪島塩(塩の駅)

Sayaka Moriさん(@sayaka__p21)がシェアした投稿 – 3月 20, 2015 at 2:58午前 PDT

石川県輪島市の三ツ子浜海岸は、古来より冷たい水がしみ出てくると言われています。そしてその海水を使って作るあら塩が輪島塩です。塩の駅では展示物を見たり、塩作りを体験したり、購入したりすることができます。
■詳細情報
・名称:輪島塩(塩の駅)
・住所: 石川県輪島市町野町大川ハ17
・アクセス :能登空港より車で40分
・公式サイトURL:https://www.wajimashio.jp

 

ねぶた温泉

Tsubasa86さん(@tsubasa86)がシェアした投稿 – 2月 23, 2015 at 11:23午後 PST

お湯が滑らかな肌触りで、美容効果が期待できると評判のねぶた温泉。良質なアルカリ温泉なので、まるで化粧水に浸っているかのような気分を味わえます!美肌を手に入れたいと考えている方は、ぜひねぶた温泉を訪れてみてはいかがでしょう?

特におすすめなのは料理旅館「能登の庄」で、日帰り温泉の利用時間も9:00~22:00と比較的長く使いやすいです!
■詳細情報
・名称:ねぶた温泉(能登の庄)
・住所:石川県輪島市大野町鶴ケ池72
・アクセス:能登空港より車で30分
・公式サイトURL:http://www.notonosho.co.jp

 

魅力たっぷり!近年ますます注目を集める能登半島

いかがでしたか?北陸新幹線が開通したことで、ますますアクセスが良くなった石川県。特に能登半島は、温泉あり、美食あり、アートスポットありと見どころ満載で、ぜひとも訪れてみたい注目の場所です。

今回ご紹介したのは、能登半島の中でも特におすすめの観光スポットばかりですので、ぜひ見比べてみて、お好みの場所を見つけてくださいね♪

関連記事リンク(外部サイト)

絶景の宝庫!夏に見たいクロアチアの絶景4選
息をゴクリと飲むほどの異次元世界!アメリカ・カナダの秘境10選
大自然に癒される四国の絶景16選
エメラルド色の湖を持つ世界遺産「プリトヴィッツェ」の絶景写真12選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。