体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅人におすすめの米子の観光スポット15選

旅人におすすめの米子の観光スポット15選

鳥取県の米子市は、山陰のほぼ中央に位置しており、山陰を代表する商都として栄えた歴史があります。また、美しい日本海の海岸線を持つ風景も素晴らしく、風光明媚な街としても知られています。かつては米子城を中心とした城下町として栄え、現在も昔の街並みが残る加茂川沿いでは、他の場所にはない歴史やロマンを感じることができます。

今回の記事では、そんな米子へ旅行で行った際に訪れたい観光スポット15選をご紹介していきます。

 

米子市美術館

Kelvin Wuさん(@wsmk1eun6)がシェアした投稿 – 11月 28, 2017 at 7:20午前 PST

米子市美術館は、1983年に開設された山陰地方初の公立美術館です。植田正治、前田寛治、香田勝太など郷土ゆかりの作家の作品1,800余点を収蔵・展示しており、学芸員による展覧会のツアーやワークショップにも力を入れています。
■詳細情報
・名称:米子市美術館
・住所:鳥取県米子市中町12
・公式サイトURL:http://www.yonagobunka.net/y-moa/

 

米子水鳥公園

shoko.oさん(@hatch_furniture)がシェアした投稿 – 4月 24, 2016 at 7:33午後 PDT

こちらは、米子市彦名町にある湿地公園で、コハクチョウの西日本最大の集団越冬地である中海に面しています。毎年100種類以上かつ最大約10,000羽の野鳥が確認される場所で、野鳥を近くで見たり、望遠鏡で観察することができます。
■詳細情報
・名称:米子水鳥公園
・住所:鳥取県米子市彦名新田665
・公式サイトURL:http://www.yonago-mizutori.com

 

天の真名井

ノグさん(@takao_noguchi)がシェアした投稿 – 8月 14, 2017 at 10:49午後 PDT

天の真名井は、環境庁が選定する「名水百選」にも選ばれた地下水が湧出する場所で、水量は1日に約2,500トンにも上ります。インスタ映えする茅葺屋根の水車小屋があり、遊歩道も整備されているので散歩にもピッタリです。
■詳細情報
・名称:天の真名井
・住所:鳥取県米子市淀江町高井谷
・公式サイトURL:http://www.city.yonago.lg.jp/9879.htm

 

伯耆古代の丘公園

@finaspringがシェアした投稿 – 6月 25, 2017 at 8:49午後 PDT

伯耆古代の丘公園は、土器作り、はにわ作り、土笛作りなど古代の生活にチャレンジできる観光スポットで、まるでタイムスリップしたかのような気持ちになれます。また40種類の蓮花のギャラリーもあり、開花の季節にはその美しい姿を堪能できます。
■詳細情報
・名称:伯耆古代の丘公園
・住所:鳥取県米子市淀江町福岡1529
・公式サイトURL:http://www.hakuhou.jp/oka_top.html

 

弓ヶ浜

S A H Oさん(@saho_0121)がシェアした投稿 – 2月 13, 2018 at 4:27午前 PST

弓ヶ浜は、日本の渚100選にも選ばれている有名なビーチで、米子市と境港市にかけて美保湾と中海を隔てた弓ヶ浜半島の東側にあります。弓のように美しい弧を描く、素晴らしい海岸線の景色を楽しむことができます。
■詳細情報
・名称:弓ヶ浜
・住所:鳥取県米子市夜見町

 

米子市立山陰歴史館

本日のおめあて。 #狸坊米子 #狸坊因伯

ISHIKAWA Kiyoharuさん(@tanukiboya)がシェアした投稿 – 2月 10, 2016 at 8:17午後 PST

かつての米子の姿を今に伝える山陰歴史館は、遠くから見ても目を引く、赤レンガのレトロな洋館です。建物自体は昭和5年に建てられたもので、かつては米子市役所として長い間市民に親しまれてきました。建築当時は山陰随一の規模であり、市の有形文化財にも指定されています。
■詳細情報
・名称:米子市立山陰歴史館
・住所:鳥取県米子市中町20

 

湊山公園

Tomomi.Fさん(@tomomomo24)がシェアした投稿 – 4月 9, 2017 at 10:35午後 PDT

昔から現在まで、米子市民の憩いの場として幅広い世代に親しまれている湊山公園。 4月には450本のソメイヨシノが咲き誇り、お花見スポットとしても人気の場所です。
■詳細情報
・名称:湊山公園
・住所:鳥取県米子市西町

 

米子城跡

sanin_enjoyさん(@sanin_enjoy)がシェアした投稿 – 10月 16, 2017 at 5:56午前 PDT

米子城は、山陰で最初に築かれた近世初期の城郭です。江戸時代に発布された「一国一城令」の下、例外として存続を許された「支城」の中でも、四層五重の天守閣を備えた珍しいお城です。
■詳細情報
・名称:米子城跡
・住所:鳥取県米子市久米町

 

大山トムソーヤ牧場

きにゃこ餅太朗さん(@kinixyakomotitarou)がシェアした投稿 – 8月 23, 2017 at 9:46午前 PDT

移動動物園・ふれあい動物園として利用されている大山トムソーヤ牧場では、犬やうさぎとの触れあったり、ポニーへの乗馬や、やぎの乳搾り体験をすることができます。
■詳細情報
・名称:大山トム ソーヤ牧場
・住所:鳥取県米子市岡成622−2

 

賀茂神社 天満宮

Hiroshi Hachiyaさん(@hachiyahiroshi)がシェアした投稿 – 2月 20, 2018 at 1:21午後 PST

賀茂神社は、米子鎮守の神として歴代米子城主に保護された由緒ある神社です。この神社は、米子の地名の由来にもなったという説があります。
■詳細情報
・名称:賀茂神社 天満宮
・住所:鳥取県米子市加茂町2丁目212

フルーツカフェ ハタノ

Maiko Endoさん(@maiko.endo)がシェアした投稿 – 5月 17, 2016 at 1:30午前 PDT

米子市美術館に併設されているフルーツカフェ・ハタノ。シニア野菜ソムリエでもある秦野みほがプロデュースするフルーツカフェで、地元でも知る人ぞ知る、市内の中心にある隠れ家的スポットです。
■詳細情報
・名称:フルーツカフェ ハタノ
・住所:鳥取県米子市中町12

 

カフェ しろくろや

yukinoさん(@yk__n02)がシェアした投稿 – 1月 27, 2018 at 4:50午前 PST

カフェ・しろくろやは、住宅地でひっそりとある隠れ家的カフェです。カフェメニューはもちろん、焼き菓子の持ち帰り販売もしてます。また、作家さんによるハンドメイド小物などもあり、おすすめのスポットです。
■詳細情報
・名称:カフェ しろくろや
・住所:鳥取県米子市蚊屋200−34

 

カフェ・レスト・バー・ドドド

dododoさん(@dododo1952)がシェアした投稿 – 12月 10, 2017 at 6:46午後 PST

カフェ・レスト・バー・ドドドは、1952年に建てられた銀行をリノベーションしたカフェです。米子では有名な場所で、地元の食材を使った料理やおいしいワッフルなどのスイーツが好評です。
■詳細情報
・名称:カフェ・レスト・バー・ドドド
・住所:鳥取県米子市四日市町80
・公式サイトURL:http://risk-8.com/dododo.html

 

SHIPS

maiさん(@mai.photo__)がシェアした投稿 – 1月 21, 2018 at 3:59午前 PST

こちらは、先にご紹介したカフェ・レスト・バー・ドドドのすぐ近くにあるアーケード商店街に建つカフェです。新鮮な地元食材をたっぷり使用したスフレパンケーキや、季節の食材を使ったランチが絶品と評判です。
■詳細情報
・名称:SHIPS
・住所:鳥取県米子市東倉吉町66-1
・公式サイトURL:http://y-ships.com

 

ノンカフェ

yukinoさん(@yk__n02)がシェアした投稿 – 2月 20, 2018 at 10:12午後 PST

ノンカフェは、イラストレーター岩上喜実がプロデュースするカフェです。友達の家に来たような過ごしやすい空間作りに重点を置いており、ランチからディナーまでお楽しみいただけます。
■詳細情報
・名称:ノンカフェ
・住所:鳥取県米子市米原6丁目1−14

 

歴史と自然を感じる場所、米子

鳥取県の西部に位置する米子市は、遺跡や天然水が湧く泉、美術館、素敵なカフェなど、まさに見所満載の場所です。また自然景観が美しいことでも有名で、一度訪れると、また何度も足を運びたくなる魅力があります。

今回の記事では、数ある米子のおすすめ観光スポットの中でも特にイチオシのものを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

関連記事リンク(外部サイト)

世界一を求めて、たどり着いたハワイの絶景夕日
息を飲むほどの美しさ!花が有名な世界の絶景9選
日本国内の「ひまわり畑の名所」28選
初の日本人観光客になろう!まだ知られていない世界の美しいスポット5ヶ所

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。