ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“日本最初の公園”飛鳥山公園がある街・王子を新旧グルメに胸キュンしながら歩いてみた

大きなパノラマウィンドウからは北・東・南の三方が眺められ、飛鳥山公園、音無親水公園、王子神社などの名所、東京スカイツリー、さいたま新都心、秩父連山、赤城山、筑波山、空気が澄んでいれば富士山まで見渡せるという。
王子駅前でひときわ高く誇らしげにそびえる「北とぴあ」|“日本最初の公園”飛鳥山公園がある街・王子を新旧グルメに胸キュンしながら歩いてみた

王子駅前でひときわ高く誇らしげにそびえる「北とぴあ」
正面入口前には平和記念像のスケールモデル! 長崎の平和祈念像を製作した彫刻家・北村西望氏が北区名誉区民第1号であることから建てられたもの|“日本最初の公園”飛鳥山公園がある街・王子を新旧グルメに胸キュンしながら歩いてみた

正面入口前には平和記念像のスケールモデル! 長崎の平和祈念像を製作した彫刻家・北村西望氏が北区名誉区民第1号であることから建てられたもの
平日の展望ロビーは落ち着いた雰囲気。ベンチと望遠鏡が2台設置されている|“日本最初の公園”飛鳥山公園がある街・王子を新旧グルメに胸キュンしながら歩いてみた

平日の展望ロビーは落ち着いた雰囲気。ベンチと望遠鏡が2台設置されている
地上88.3mからの眺望。駅前のにぎやかな様子はもちろん、王子、上中里、田端の街並みまで一望できちゃうのだ|“日本最初の公園”飛鳥山公園がある街・王子を新旧グルメに胸キュンしながら歩いてみた

地上88.3mからの眺望。駅前のにぎやかな様子はもちろん、王子、上中里、田端の街並みまで一望できちゃうのだ
3月初旬の飛鳥山公園。桜が開花すると美しいピンク色に染まることを想像しつつ……|“日本最初の公園”飛鳥山公園がある街・王子を新旧グルメに胸キュンしながら歩いてみた

3月初旬の飛鳥山公園。桜が開花すると美しいピンク色に染まることを想像しつつ……
北とぴあの展望台の望遠鏡は1分30秒で100円|“日本最初の公園”飛鳥山公園がある街・王子を新旧グルメに胸キュンしながら歩いてみた

北とぴあの展望台の望遠鏡は1分30秒で100円
出ました、安定の東京スカイツリー!|“日本最初の公園”飛鳥山公園がある街・王子を新旧グルメに胸キュンしながら歩いてみた

出ました、安定の東京スカイツリー!
北とぴあの展望ロビーと同階のレストランで売っていたお札サブレ700円(3枚入)。造幣工場がある王子ならではのお菓子|“日本最初の公園”飛鳥山公園がある街・王子を新旧グルメに胸キュンしながら歩いてみた

北とぴあの展望ロビーと同階のレストランで売っていたお札サブレ700円(3枚入)。造幣工場がある王子ならではのお菓子王子グルメを訪ねてみたらキツネとタヌキだらけだった!

「北とぴあ」を後にした我々は、空腹であることに気づいた。せっかくだから王子ならではの店で食べたいね♪と、JR高架下をくぐって王子本町~岸町あたりをブラブラ。

王子本町には地名の由来にもなっている「王子神社」、岸町にはキツネにまつわる言い伝えが多く残る「王子稲荷神社」があり、それらの周辺には古くから営業している店が多いのだ。まずは明治41年創業の蕎麦屋に入ることにした。遊び心と熟練の技でつくる蕎麦がおいしい「無識庵 越後屋」

席について、真っ先に目を奪われるのが壁に貼られた直筆のお品書き。味のある筆致で描かれたイラスト入りで、注文する前からワクワクさせてくれる。

契約農家から届く蕎麦の実を毎日自家挽きするこだわりは老舗ならでは。洒落を利かせたオリジナル蕎麦、月ごとの変わり蕎麦(3月は海老切り蕎麦、4月は蓬切り蕎麦)を求めて訪れる客も多い。

住所:東京都北区王子本町1-21-4
家紋が染め抜かれた暖簾と大きな壁絵が目印|老舗のそば屋・無識庵 越後屋(王子)

家紋が染め抜かれた暖簾と大きな壁絵が目印
三代目歌川豊国の「鬼あざみ清吉」が艶っぽくお出迎え|老舗のそば屋・無識庵 越後屋(王子)

前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy