ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画あり】話題のロボット「ロボホン」はフラメンコも踊れる!?

【動画あり】話題のロボット「ロボホン」はフラメンコも踊れる!?
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。3月19日(月)のオンエアでは、ロボットクリエイターの高橋智隆さんを迎えて、高橋さんが関わっている「ロボホン」や、ロボット技術の現状の話に迫りました。

■ロボホン以外にも数々の有名なロボットを開発

スタジオには、ロボホンも登場。「ボク、ロボホン。こう見えて電話なんだ」と挨拶。天気を教えてくれたり、レストランを調べてくれたり、タクシーを呼んでくれたりと、スマートフォンでできる機能と、ロボットとしてのキャラクター性を備えています。

高橋さんは、2003年に京都大学工学部卒業すると同時に、株式会社ロボ・ガレージを設立しました。ロボホンのほか、ロボット宇宙飛行士「キロボ」、グランドキャニオンを登頂した「エボルタ」など、数々の開発に関わっています。

もともと、高橋さんは個人的な趣味で人型をしたロボット(ヒューマノイド)を作っていたそうです。ただ、例えば「掃除をさせるならルンバなどの掃除機のほうがいい」と、ヒューマノイドを物理的に役立たせるのは難しいと判断。そこで、コミュニケーションがとれることを強みにすべく、自然に動いて、かっこよくて、かわいい外観を与えることにしました。

■ロボホンの口調は「〜らしいよ」…なぜ伝聞調?

ロボホンは、口調にも特徴があります。

クリス:会話をしていて面白いと思ったのは、「音を最大にして」と言ったら「これ以上はできません」と言うのではなく「できないよ」と答えていたのがいいなと思って。
高橋:天気予報でも「曇るらしいよ」と伝聞調に言わせてるんです。ロボットが、あたかも物知りで賢いかのような振る舞いだと、発言も自慢げに聞こえてしまいます。そうすると、次の会話もハイレベルなものを求められてしまう。しかし実際、ロボットの会話はスムーズにいかないので、期待値を上げすぎてしまわないように、「◯◯らしいよ」という言い方をするようにしたんです。

ロボットの知らない言葉を教えていくと賢くなります。高橋さんは「プライバシーに配慮しながらも、それぞれのロボットが得た知識をみんなでシェアできたら」と語りました。

■フラメンコからディスコダンスまで!

ロボットの研究をしていると、人間の優れている点と、ダメな点が目につくようになったとか。人間は動物の中でもかなり運動音痴ですが、ロボットの中には、バック宙ができるロボットもあります。高橋さんいわく「運動の点では、人間はロボットに遠く及ばない」。

そんなロボホンに、フラメンコを踊ってもらいました。カンフーや、ディスコダンスなど、さまざまなジャンルに対応。プログラムを受信することで、新しいダンスも踊れるようになります。

J-WAVE GOOD NEIGHBORSさん(@good_813jwave)がシェアした投稿 – 3月 18, 2018 at 9:53午後 PDT

ロボホンはもちろん、普通の携帯としても使えて、メールもできます。高橋さんは「ヒューマノイドのロボットは、『ゲゲゲの鬼太郎』の目玉の親父や、『魔女の宅急便』のジジなどの、小さくて物知りのキャラクターが主人公を助けるイメージなのかなと思っています」と語りました。気になる方は、ぜひチェックを。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。