ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「シンデレラ体重」が話題に…日本の10代少女、容姿に自信があるのはわずか7%

「シンデレラ体重」が話題に…日本の10代少女、容姿に自信があるのはわずか7%
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Denka MORNING VISION」。毎週火曜は、ウェブメディア「ハフポスト」日本版から、注目の記事をピックアップしています。3月20日(火)のオンエアでは、「シンデレラ体重」について掘り下げました。

■シンデレラ体重とは?

一部の10代から20代の女性が「理想の体型」として目指すシンデレラ体重。健康へのリスクが指摘されています。シンデレラ体重に潜む問題について、ハフポスト日本版、ニュースエディターの井土亜梨沙さんが解説しました。

井土:シンデレラ体重とは、シンデレラのようにほっそりした体型のことを指します。約20年前に大手エステサロンが提唱したとされていますが、再びSNSなどで話題になりました。シンデレラ体重を適正な体重の指標BMIに当てはめると、数値は18と低体重の領域に入ります。医学的に根拠のない数値に理想を求めることに警鐘を鳴らす専門家も少なくありません。

■世界的に見ても…日本女性は「痩せ願望」が強い

ハフポスト日本版のブログでは、国際医療福祉大学大学院講師、磯野真穂さんが、文化人類学的な見地から女性の体型と社会的意識の変遷について紹介しています。

それによると、歴史的観点からすると、人は社会的に認められる体になるために、たとえば顔への入れ墨、鼻に棒を刺すピアスなど自らの体を傷つける一面があり、集団の中で美の基準として共有されることは珍しくありません。そんな人間の性質を踏まえたとき、「シンデレラ体重は危険だからやめるように」という教育的な声かけではなく、なぜシンデレラ体重になりたいのか、彼女たちに問うことが求められているとのことです。

日本では「痩せ願望」を持つ女性が世界的にも突出して多く、同時に他国と較べて日本の若者の自尊心が低いことも指摘されています。アメリカの日用品メーカーの調査では、日本の10代少女のうち自分の容姿に自信を持っている人は7%と最も低い数値で、このことは若い頃から「自分は認められていない」という価値観の中で生きていることを示しています。

■シンデレラ体重から私たちが気づくべきこと

この「シンデレラ体重」のニュースから私たちが気づくべきことはどのようなことでしょうか?

井土:彼女たち個人だけの問題ではなく、「痩せている姿が美しい」という価値を作っているのは私たち自身だということに気づくべきです。その上で痩せているだけではない、多様なロールモデルを示していくことが、これから求められていると思います。

人々が生み出している理想とは何か、改めて考え直すことも必要かもしれません。この問題に興味のある方は、ハフポスト日本版の記事もチェックしてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy