ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Awesome City Club、地元での淡い恋心を思いながら…楽曲「燃える星」に込めた思い

Awesome City Club、地元での淡い恋心を思いながら…楽曲「燃える星」に込めた思い
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。3月20日(火)のオンエアでは、Awesome City Clubから、ボーカル・ギターのatagiさんと、ボーカル・シンセサイザーのPORINさんが登場。「燃える星」を生演奏で披露してくれました。

■新作EP「TORSO」…タイトルの意味

Awesome City Clubは、3月14日(水)に新作EP「TORSO」をリリースしたばかり。「胴体」という意味で、ジャケットは彫刻の胴体のイラストです。

サッシャ:このタイトルにした理由は?
atagi:人間の体って、手・足・頭・胴体ってありますが、僕らにとって今すごく大事に思っている部分が胴体なんです。木の幹のような、中心の部分を深く掘り下げた作品を作りたいという思いで「TORSO」にしました。

今回の作品は、インディーズ以来のセルフプロデュース。atagiさんは「自分たちのできること、やりたいことを余すことなく届けたいということで、恥ずかしい部分があったとしても、それはそれでいいじゃないか、聴いてもらおうじゃないかという気持ちで作りました」と語りました。

■「燃える星」を生演奏で披露

Awesome City Clubといえばツインボーカルが特徴的です。

サッシャ:これまで、色々なバランスを模索してきたと思いますが、今回はそのブレンドの加減というか、役割分担がいい感じになって、二つの楽器をうまく配置しているように感じます。
atagi:僕たちとしても、かなりコツを掴んだというか、作るときに声の混じり方を、自分たちなりにイメージしながら作ることができてきたのかと思います。

スタジオでは、アルバム収録曲の中から「燃える星」を生演奏で披露。サッシャと寺岡が曲を聴いてうっとりしていると、atagiさんは「地元の頃の、淡い恋心を思いながら、この曲を書きました」とも明かしてくれました。

【放送はこちら】「燃える星」演奏をradikoで聴く

Awesome City Clubは、5月からワンマンツアー「Awesome Talks -One Man Show 2018-」を行います。東京公演は、6月28日(木)に新木場STUDIO COAST で行われます。こちらも要チェック!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。