体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2018年春・夏】一度は行きたい!全国の注目イベントおすすめ14選

熊野大花火大会

春の訪れが感じられるようになると、どこかにおでかけしたくなりますよね。そろそろイベントを楽しむ旅の計画を立ててみるのはいかがでしょうか。

そこで、今年の春から夏にかけて、ぜひ訪れたいおでかけ情報を編集部が厳選して紹介します。

夜桜のライトアップ、全国の花火師が技を競い合う花火大会、豪華絢爛な七夕まつりなど、どれも、一度は見ておきたいものばかりですよ。

記事配信:じゃらんニュース

1.琵琶湖疏水通船【滋賀県大津市~京都府京都市】

67年ぶりに通船が復活。京都の近代化に思いを馳せる。

琵琶湖疏水通船琵琶湖疏水通船大津運河の桜並木や山科疏水の桜・菜の花など季節の風景を船から眺める。ガイドが同乗し、疏水沿線の見所や建設の歴史について案内してくれる

明治維新後、琵琶湖の水を引き、京都に活力を呼び戻そうと建設された琵琶湖疏水。物資や旅客の輸送のために運航されていた通船が、1951年の最後の運航以来、67年ぶりに2018年3月に復活。意匠を凝らした洞門など、歴史的遺産は必見。 琵琶湖疏水通船(そすいつうせん)

TEL/075-365-7768(びわ湖疏水船受付事務局9時30分~17時30分(平日のみ))

※予約は琵琶湖疏水通船ホームページから

住所/琵琶湖疏水(大津~蹴上)

開催期間/2018年3月29日(木)~

営業時間/運航ダイヤによる(大津→蹴上1日5便、蹴上→大津1日4 便)

料金/4000 円~8000円(運航日による、大人と子ども同額)

アクセス/大津乗下船場・京阪三井寺駅より徒歩3分、山科乗下船場・京阪四ノ宮駅より徒歩10分、蹴上乗下船場・京都市営地下鉄蹴上駅より徒歩3分

「琵琶湖疏水通船」の詳細はこちら

2.鴨川納涼床【京都府京都市】

鴨川沿いに90軒余りの店舗。夏の京都で雅な夕涼みを。

鴨川納涼床京都の人の憩いの場として親しまれている

鴨川沿いの川床。古都らしい風情に溢れる

約400年前に、祇園祭の神賑わいとして定着した鴨の河原の夕涼み。その中で裕福な商人たちが遠来の客人をもてなした宴席が始まり。川面を吹き抜ける涼やかな夜風を感じながら、京料理からフレンチ、喫茶と、思い思いに京都の夏を楽しみたい。 鴨川納涼床

問合せ/HP参照(www.kyoto-yuka.com)詳細は各店舗へ

住所/鴨川沿い

開催期間/2018年5月1日(火)~9月30日(日)(昼床は5月と9月のみ)

営業時間/店舗により異なる

アクセス/阪急河原町駅よりすぐ、名神京都東ICより30分

「鴨川納涼床」の詳細はこちら

3.2018なら燈花会【奈良県奈良市】

20周年記念でイベントも。古都がろうそくの光に包まれる。

2018なら燈花会ろうそくの灯火に幻想的に浮かび上がる、明治期の西洋建築物である奈良国立博物館

真夏の10日間、奈良公園一帯に2万本のろうそくの灯の花が咲く。灯の花は人を幸せにすると言われ、毎年100万人もの人が訪れる。今回は20周年記念で、これまで以上に盛りだくさんのイベントも企画される。 2018なら燈花会(とうかえ)

TEL/0742-21-7515(NPOなら燈花会の会事務局)

住所/奈良公園一帯

開催期間/2018年8月5日(日)~8月14日(火)

営業時間/19時~21時45分

料金/無料

アクセス/近鉄奈良駅より徒歩10分

「2018なら燈花会」の詳細はこちら

4.竹田城跡ライトアップ【兵庫県朝来市】

「天空の城」が毎夜点灯。夜桜の先に幻想的な姿。

竹田城跡ライトアップ22時まで点灯。ライトアップ時に竹田城跡内

は入場不可。立雲峡から見学 吉田利栄撮影

標高353m の古城山山頂にある、竹田城跡。雲海の出る日には、雲に浮かぶように見えると人気。2017年から期間限定だったライトアップが毎夜行われることになり、対面の立雲峡から眺められる。夜桜とのコラボは見事。 竹田城跡ライトアップ

TEL/079-674-2120(情報館 天空の城)

住所/竹田城跡(立雲峡から見学)

開催期間/毎日

営業時間/季節によって変更あり

料金/大人200円(環境整備協力金)

アクセス/JR播但線竹田駅より車で10分 北近畿豊岡道・播但道路和田山ICより15分

「竹田城跡ライトアップ」の詳細はこちら

5.熊野大花火大会【三重県熊野市】

海上に色鮮やかな半円を描く天然記念物を利用した煙火。

熊野大花火大会沖合400mの筏に三尺玉を仕掛けて海上で爆発させる
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。