体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独特のセンスから目が離せない。まだ奥が深いおすすめグルメ「名古屋メシ」

独特のセンスから目が離せない まだまだ奥が深い「名古屋メシ」
鉄板ナポリタン (C) 公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー

鉄板ナポリタンとは、溶きたまごを流したアツアツ鉄板の上に、ケチャップで炒めたナポリタンをのせたもの。

復活した「タマゴサンド」

独特のセンスから目が離せない まだまだ奥が深い「名古屋メシ」
なごのや(西アサヒ)タマゴサンド (C) PR TIMES

名古屋最古と呼ばれる円頓寺商店街で、ベストセラーの名物タマゴサンド。ふわトロの厚焼き玉子と、ピリリと辛子が効いたマヨネーズで和えたみじん切りのきゅうりが挟まったサンドイッチ。彩り鮮やかで、菜の花畑を連想させるような美しさです。先代オーナーの引退により一度は閉店したものの、現オーナーにより2015年復活。名物「タマゴサンド」も継承されています。

喫茶、食堂、民宿。なごのや
*2018年4月1日より屋号変更 西アサヒ→なごのや
住所:〒451-0042 愛知県名古屋市西区那古野1丁目6−13
営業時間:11:30〜23:00
定休日:月曜日
電話:052-551-6800
公式サイト:http://www.nishiasahi.nagoya/

【オーダーすべき名古屋メシ】 タマゴサンド

名古屋の「カレーうどん」はレベルが高い

独特のセンスから目が離せない まだまだ奥が深い「名古屋メシ」
ゑぐち屋 チーズカレーうどん (C) PR TIMES

味噌煮込みうどんに隠れた感があるものの、実は名古屋は「カレーうどん」のレベルが高いエリア。人気の「カレーつけうどん」は、石焼ビビンバの石鍋でグツグツ煮えている和風だしカレーに、弾力のある冷たいうどんをつけていただくもの。しかも、食べ終わった後は御飯をプラスしてリゾットに出来る(別途有料)という、一石二鳥的グルメ。

3月限定メニューのふわふわ白いメレンゲの「白いカレーうどん」も斬新。限定メニューは、「カキ味噌つけうどん(1月)」「生ハムとWチーズバジルうどん(2017年9月)」など、毎月通いたくなります。

ゑぐち屋 
住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須4-11-44 チサンマンション上前津1F
営業時間:昼 11:30~15:00(L.O.14:30) / 夜 17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:不定休
電話:052-264-1924
公式サイト:http://www.eguchiya.net/index.html

【オーダーすべき名古屋メシ】 カレーうどん

蒲焼のタレを絡めた「まぶし唐揚げ丼」

独特のセンスから目が離せない まだまだ奥が深い「名古屋メシ」
唐揚げ丼TAMARI まぶし唐揚げ丼 (C) PR TIMES

一口サイズのムネ肉の唐揚げに、蒲焼きのタレを絡めた「まぶし唐揚げ丼」。蒲焼きのタレってちょっとビックリですが、不思議にマッチ。女性でも食べやすい一口サイズの唐揚げは、外はサクサク、中はしっとりやわらか。名古屋センスのオリジナル唐揚げ丼、食べてみたいですね。

唐揚げ丼TAMARI
住所:〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目7−26 ACAビル1F
営業時間:昼 11:30~14:00 / 夜 17:00~22:00
定休日:日曜日
電話:052-265-6692
公式サイト:http://r.goope.jp/tamari

【オーダーすべき名古屋メシ】 まぶし唐揚げ丼

トラディショナル・名古屋スイーツ

最後は甘いもので締めたいですね。もはや、東海地域ではトラディショナルな名古屋スイーツをご紹介。

独特のセンスから目が離せない まだまだ奥が深い「名古屋メシ」
鬼まんじゅう (C)公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー

名古屋をはじめとする東海地方で定番おやつの「鬼まんじゅう」。ごつごつしている角切りのさつまいもが、鬼の角のように見えることから名前がついたのでしょうか。怖い名前とは別に、優しい甘さの懐かしい味です。筆者は東海地方出身ではありませんが、はじめて食べた時からモチモチの感触、優しい甘さにファンになりました。基本は家庭で作るおやつなので、試してみてはいかがでしょうか。筆者も久しぶりに、作ってみたくなりました。

クックパッド 鬼まんじゅうレシピ 
https://cookpad.com/search/鬼まんじゅう
白ごはん.com 鬼まんじゅう(芋の蒸しまんじゅう)のレシピ/作り方 https://www.sirogohan.com/recipe/oniman/

独特のセンスから目が離せない まだまだ奥が深い「名古屋メシ」
小倉トースト (C) 公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー

厚切りの食パンにマーガリンやバターを塗り、小倉あんをたっぷりトッピングしたトーストタイプ。

独特のセンスから目が離せない まだまだ奥が深い「名古屋メシ」
小倉トースト (C) 公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー

小倉あんを挟んだサンドイッチタイプはしっとり。

名古屋の喫茶店では定番人気の「小倉トースト」。名古屋人のあんこ好きは相当なもので、各家庭にはゆであずき缶を常備しており、絶対に切らさないと東海地方出身者から聞いたことがあります。あずきのメジャーブランド井村屋の「ゆであずき」(缶詰)の2016年度売り上げの約30%は東海エリアというあんこ好き。じゅわっとバターにたっぷりあずき、こんがり焼けたパンの組み合わせは絶妙ですね。

名古屋観光情報 小倉トースト
https://www.nagoya-info.jp/gourmet/ogura.html

同じ国内でも、東京や大阪、京都とは違う独自のセンスの「名古屋グルメ」。個性の強い「名古屋メシ」は、一度食べたらハマる中毒性があります。

「シズル名古屋飯」では動画で魅惑しながら、アクセスの良さもアピール。 名古屋メシの名店の割引券も掲載されているので、名古屋に行く予定のあるあなたは要チェックですよ。
独特のセンスから目が離せない。まだ奥が深いおすすめグルメ「名古屋メシ」

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。