体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<愛用品公開>文具フリーク・三戸なつめさんに聞く 新学期にチョイスしたい文具のポイント3

<愛用品公開>文具フリーク・三戸なつめさんに聞く 新学期にチョイスしたい文具のポイント3 三戸なつめ 三戸なつめ

パッツン短かい前髪がトレードマークの三戸なつめさん。アーティスト、モデル、女優に声優、絵本作家と、多方面で活躍中です。そんな三戸さんですが、実は、文具マニアの一面も持っています。

進学や進級を控えた学生のみなさんは、この春、文具を買い替えたいという人も多いのではないでしょうか。

今回は、文具をプロデュースするほどの“文具愛”を公言する三戸さんが、数ある愛用品の中から学生にもおすすめの文具3点を紹介してくれました。購入する時のポイントや文具に対する思いをたっぷりと伺ったので、ぜひ参考にしてみてください。

 

三戸なつめなつめさん愛用の文具3点。ポイントは、バッグに入れても場所をとらないコンパクトさ、なんだとか。

 

セレクト文具① モチベーションをあげてくれる「カバクレヨン」

三戸なつめ志村リョウ氏デザインの「+d カバクレヨン グラデーションセット」(税込1,296円)

——真っ先に目に入りました。このカラフルなカバは何ですか?

クレヨンです。「+d」(プラスディー)というブランドのステーショナリーで、一目惚れして買いました。

——文具を購入する時、見た目から入ることが多いですか?

学生の頃は、見た目を重視して1点ものっぽい文具を好んで買っていましたね。今は、色味とかデザインも重視しつつ、実用性も大切にしています。

でも、このクレヨンは、完全にデザイン優先です。少し使ってみましたが、「あ、やっぱり、顔がなくなるのは嫌だ…」と、もったいなくて使えていない愛用品です(笑)。

かわいい文具は側にあるだけで、おしゃれな気持ちになるし、いい生活をしようとモチベーションがあがる気がします。このカバクレヨンは、そんな役割の文具かもしれません。

 

三戸なつめ「絵本のキャラクターを書く時クレヨンも使いますが、これは、かわいすぎて使えません」と三戸さん

 

セレクト文具② バッグの中が整理できる「中身が見えるビニールケース」

三戸なつめ学生にも人気あるブランドnahe(ネーエ)の「ジェネラルパーパスケース A5」(税込702円)

——この3点の中で、使用頻度の高いものはどれですか?

赤のビニールファイルです。1、2年前から使っていて、ふだん、ノートとか、何でも入れています。バッグの中で、物がちらからないので便利なんです。

——ノートはいつも持ち歩いているんですか?

そうですね。カフェでまったりしている時に、思い浮かんだワードや、絵本のキャラクターなんかをノートに書きとめています。

あとは、ボイストレーニングや演技レッスンをした後に反省点や、次のレッスンでいかしたいこと、先生からいただいた人生の教訓的アドバイスなんかもメモしています。

大事なことは書きとめて、忘れないようにしたいので…。

——スマホのメモ機能は使わず、ノートに手書きするのはなぜですか?

手書きで文字を書いた方が、確認しながら書けるので、頭に残るような気がします。スマホのメモのように“シャシャシャーっと”記録したものは、意外と覚えていないんですよね。

例えば、ノートに書きながら考えたライブMCの方が、スマホにメモした時よりも、うまくいっています。

書いたものを何度も見返して、紙がよれてくる感じも好きです。「わたし、頑張ってる!」って、感じられるので(笑)。自己満足かもしれないけど、すごく大事ことだと思います。

 

三戸なつめ「ノートを見返して、大切な言葉やその時に感じた気持ちを何度も振り返ります」と三戸さん

 

セレクト文具③ 気持ちを引き締めてくれる「ペンケース」

三戸なつめ無印良品の「アルミペンケース」(税込900円)

——ノートとセットの文具といえば、ペンケースですね。

このペンケースは、最近購入しました。

今までは、バッグの中にペンをポイッと入れて持ち歩いていましたが、ペンケースを使い始めてから、バッグが汚れなくなったし、ペンを無くさなくなったので、すごく気に入っています。

それから、ペンケースを使っていると“ちゃんとしている”感も出るような…(笑)。それも、愛用しているポイントかもしれません。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。