ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松本隆 日本語訳したシューベルト3部作の完結編「白鳥の歌」4月リリース

松本隆 日本語訳したシューベルト3部作の完結編「白鳥の歌」4月リリース

 作詞家の松本隆が、シューベルトの歌曲3部作の完結編と言われる「白鳥の歌」を日本語訳。2018年4月18日にリリースされる。

 松本隆のライフワークでもあるシューベルト楽曲の日本語訳作品は、昨年の紫綬褒章受章後に初めてリリースされる注目作であり、自身が現在活動の拠点としている「京都」にこだわった作品。なお松本は1992年に「冬の旅」を、そして2004年に「美しき水車小屋の娘」を現代語訳して発表。そして14年ぶりに発表される「白鳥の歌」でシューベルトの歌曲集3部作が完結する。なお、「白鳥の歌」という題名は、31才の若さで亡くなったシューベルトの死後、楽譜出版社がつけたもの。白鳥は死ぬ時に一番綺麗な声で鳴くという言い伝えから、生涯最後の作品を白鳥の歌と例えられている。

 今作のレコーディングは、ボーカルにテノール歌手の鈴木准、ピアノに巨瀬励起を迎え、京都コンサートホール・アンサンブルホールムラタで行われた。CDジャケットには京都在住の書家・川尾朋子を起用し、「白鳥の歌」の文字を繊細且つ力強く書き上げている。

 BS朝日『歌っていいだろう』では、3週にわたって松本隆を特集しており本人も出演中。3週目となる21日の放送では、アルバム『デラシネ』より、クミコによる「しゃくり泣き」を、作曲を担当したピアニスト・村松崇継と生パフォーマンスで共演するほか、松本本人がなぜ200年前のシューベルトの楽曲を日本語訳詞するのかその理由を語り、鈴木准と巨瀬励起を招いてアルバム『白鳥の歌』より「ドッペルゲンガー」をテレビ初披露する。

◎松本隆-コメント
▼レコーディングについて
レコーディングディレクターは音程に厳しく、冷徹な人の印象だったが、ドッペルゲンガーのOKテイクをとってる最中に感極まって号泣してしまった。もちろん鈴木准氏の歌唱のなせるわざである。巨瀬励起氏のピアノは和音をポローンと弾いてるだけで美しい。それだけで詩になってる。コロムビアの録音チーム。練習の時にぼくは客席で聴いていて、後半はコントロールルームに移動した。するとスピーカーからホールとまったく同じ音が聞こえるのだ。なんという技術の高さ。
▼ジャケットについて
死にゆく白鳥が力を振り絞って、もう一度羽ばたこうと凛と空を見上げる。そんな姿が見えるような書だった。感謝。

◎リリース情報
『松本隆現代語訳 シューベルト 歌曲集「白鳥の歌」』
2018/04/18 RELEASE
<CD>COCQ-85417 / 3,000円(tax out.)
01.愛の使い
02.戦士の予感
03.春に焦がれて
04.セレナーデ
05.仮住居
06.異邦にて
07.じゃあね
08.アトラス
09.肖像画
10.漁師の娘
11.都市
12.海辺
13.ドッペルゲンガー
14.鳩
テノール:鈴木准
ピアノ:巨瀬励起
録音:2017年11月28日-30日 京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ

関連記事リンク(外部サイト)

“松本隆の言葉”に焦点を当てたイベントが2018年7月に再び開催 若村麻由美、清塚信也、藤舎貴生とともに本人も参加
松本隆×つんく♂の初タッグ、クミコ with 風街レビュー「砂時計」ミュージックビデオ公開
松本隆×斉藤由貴、“大切な音楽10曲”をテーマに人生トーク

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。