ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MURO×ビクター、始動!King Of Diggin’、MUROのビクター・和モノ・トラベルが始まる

MURO×ビクター、始動!King Of Diggin’、MUROのビクター・和モノ・トラベルが始まる

 MUROがビクターの膨大なアーカイブからセレクト&ミックスしたアルバム『DIGGIN’ VICTOR ~Deep into the vaults of Japanese Fusion / AOR』が、シリーズ第一弾として発売された。

 世界的にその名を轟かすレコード・ディガー&DJ、King Of Diggin’ことMURO。和モノ・ブームが世界中に吹き荒れる中、いよいよ掘り起こすことになったのは、ビクターの膨大なアーカイブ。『Diggin’ Victor』と銘打ち、シリーズ化の第一弾として、数あるジャンルの中から彼がセレクト&ミックスしたのは、宝庫中の宝庫でもあるジャパニーズ・フュージョン&AORだ。

 元カシオペアのベーシスト、桜井哲夫の1986年リリースの名盤『DEWDROPS』(ビクター/インヴィテーション)をサンプリングしたジャケットのアートワークが誘う計20曲に及ぶ究極のセレクション&ミックスは、和モノ・ブームを和モノ・ブームたらしめるまさにブームの核心とも言うべき隠れた名作ばかりで、それらがMUROの手によってヒップホップ流儀のフィルターを通して新たな息吹と力強い鼓動を聞かせ始める。

 またこのミックス・アルバムは配信も世界同日リリースされ、更には2枚のスプリット・シングル(A面B面がそれぞれ異なるアーティストのカップリングになっているシングル)も発売が決定しており、あらゆる側面から昨今の和モノ・ブームを体現するシリーズとして立体的なスタートを切る。

◎リリース情報
アルバムCD『DIGGIN’ VICTOR ~Deep into the vaults of Japanese Fusion / AOR』
2018/3/21 RELEASE
VICL-64974 2,700円(tax out.)

アナログ盤『阿川泰子「L.A.NIGHT」 c/w 野呂一生「TRANSPARENCY」』
2018/3/30 RELEASE
NJS-723 1,700円(tax out.)

アナログ盤『二名敦子「堤防」 c/w サディスティックス「ON THE SEASHORE」』
2018/4/6 RELEASE
NJS-724 1,700円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

MUROなどのアートワークを手掛けるペインティング・アーティスト“NOVOL”、作品集『ten.』発売記念キャンペーン応募スタート
5周年を迎えた【ビクターロック祭り2018】幕張メッセで12,000人が大熱狂
Nulbarich ビクター洋楽レーベルに移籍! 新天地から2ndアルバム『H.O.T』来春リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。