ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高野寛×宮沢和史×おおはた雄一、みずみずしい個性が響き合うスペシャル・セッション 3人の“歌とギター”に心も身体も癒されて

高野寛×宮沢和史×おおはた雄一、みずみずしい個性が響き合うスペシャル・セッション 3人の“歌とギター”に心も身体も癒されて

 ヴィヴィッドで潤いに満ちた歌と旋律――理屈抜きで贅沢なコラボレイションだった。それぞれ独自の世界観を築きながらも、人懐こいメロディと心に響く言葉を紡いでいる高野 寛、宮沢和史、おおはた雄一。互いに活動を共にするシーンも経験している彼らの、シンガー・ソングライターとしての世界がきめ細やかにシンクロした、実にふくよかな時間が流れたステージになった。

ライブ写真(全7枚)

 “ポップ・マエストロ”としてYMOや忌野清志郎、テイ・トウワやハナレグミなど、世代を越えたアーティストから信頼を得ている高野。THE BOOMでの活躍のみならず、弾き語りの「寄り道」などソロでも印象深いライブを展開し、多くの聴き手を魅了している宮沢。そして独特の声と歌いまわしで“新世代”シンガー・ソングライターとしての地位を確たるものにしているおおはた。約1年前にも共演した3人が再び並ぶという、とびきりゴージャスなセッション・ライブを、僕はすっかり堪能した。

 ステージ横にある階段を降りてきた3人が、横一列に並べられた椅子に腰かける。軽く挨拶をすると、おおはたが澄んだ音をつま弾き出す。アルペジオ…オブリガート…ストローク。肌ざわりの違うギターの音が絡み合い、静寂に包まれた会場に溶けていく。1人…2人…そして3人と、さまざまな組み合わせで語られていく、それぞれのストーリー。軽快なナンバーも、しっとりとした曲もオーガニックな音が耳に心地好い。そこに紡がれる普通の日々の細やかな描写と、ほんの少し湧き上がる想い。そんなライフサイズの歌が、デリケートに奏でられていく。

 美しいメロディと奥行きのある言葉が重なり合う。さまざまな音楽的バックボーンを持ちながらも、各自の楽曲を心の襞を優しく撫でるような繊細な“歌”に昇華している3者。まさに、日本のミュージック・シーンの「珠玉」と表現してもいい彼らが、お互いの個性を認め合い、3人だからこその化学反応を楽しむ春の宵。会場に詰めかけた人たちは、ジャパニーズ・ポップ最良の響きを全身で感じながら、身体に澱んでいた灰汁を洗い流し、ささくれがちな心に潤いを呼び戻している。まさに“ミュージック・ヒーリング”だ。
 音楽を聴くことの醍醐味が肌で感じられるリュクスな時間。ジョアン・ジルベルトの作品『声とギター』になぞらえて表現するなら、さながら3人の“歌とギター”。これを「至福」と呼ばずして、何と表現すればいいのだろう――。

 もちろん、それぞれが名刺代わりの曲を披露すれば、その度に会場は拍手に包まれる。アーティストと観客が一体になる瞬間が、砂浜に打ち寄せる波のように何度も繰り返される。僕らはこうして音楽を生活の糧にし、日々のサウンドトラックとして耳を傾けている――そんな、ごく当たり前のことが、とても幸せに感じられるパフォーマンスが目の前で繰り広げられているのだ。
 それにしても、彼らの歌から感じられるのは、透明感溢れる日本語の響きの美しさと深く長い余韻だ。他の言語からは感じ取れないデリケートな言葉のやりとりや心の移ろいが、肌に染み込んでくるように伝わってくるのだ。だからこそ、僕たちは言葉の“背景”にある物語りに想いを馳せ、気持ちを重ねていくことができる。そうすることによって風景が鮮やかに目の前に開け、大切な人、そばにいて欲しい人の顔が透明な空間から浮かび上がってくる。

 ステージの上でのやりとりも楽しい。アイ・コンタクトによる阿吽の呼吸や、さまざまなエピソードを交えながらのセッションに和気藹々とした空気が漂う。普段はあまり歌うことのない、お互いの曲で声を重ねることの新鮮さ。ベテランだからこその余裕を感じさせる、くつろいだ振る舞いが空気をやわらげていく。3人のシンガー・ソングライターたちの豊かなキャリアの一端が垣間見られる瞬間が度々訪れ、摩天楼に佇む会場にピースフルで潤いに満ちた時間が流れていった。

 初期のころからトッド・ラングレンのセンスとスキルを獲得し、先ごろはスタジオ・ライブの新作『A-UN』をリリースした高野、マルコス・スザーノなどブラジルのミュージシャンたちと情熱的なサウンドを追求してきた宮沢、そしてジェシ・ハリスとの実り豊かなコラボを経験してきたおおはた――国内にとどまらずグローバルな感覚を貪欲に吸収しながら、オリジナルな音楽を織り上げてきた3人だからこそのオープンで柔軟な姿勢は、豊潤な化学反応を実現する素地として申し分ない。日本人としての繊細な感性と、奔放でディープな海外のミュージック・マナーが彼らの身体の中で溶け合い、上質な21世紀のポップ・ミュージックを創り上げている。その片鱗が、この夜のステージの随所に滲んでいて、非常に見応えのあるライブに。僕たちの肌に無理なく馴染みながら、一方で“新しい肌ざわり”も楽しませてくれる、好奇心を刺激してくれると同時に深みも感じさせるパフォーマンスになっていたのだ。

 今回は東京のみ、1夜限りのライブ。まるでローカル線に揺られるようなリラックス感に癒された90分。だからこそ、僕はすぐに再演をリクエストしたい気分でいっぱいに――。
 春の風がそんなことを語りかけてきているような、帰りの足取りも軽い夜になった。

TEXT:安斎明定(あんざい・あきさだ) 編集者/ライター
東京生まれ、東京育ちの音楽フリーク。ようやく暖かさが本格的になり、春の到来を実感する数日。身体が心地好く緩んできたのなら、ワインも軽やかなものを選びたい。今日の3人のステージのように、軽快さと奥深さの両方を楽しめるチョイスの1つとしてお勧めしたいのが、アメリカ・オレゴン州で造られているピノ・ノワールの赤ワイン。独自の厳しいラベル表示を実践する小規模生産者が多く、ウィラメット・ヴァレーなどのAVAで生産されたものは、どれもワクワクするようなテイスト。上品な果実味と酸味が重なり合った繊細なストラクチャーは、フランスのブルゴーニュ産にも負けないクオリティ。春にピッタリの赤ワインを楽しみながら、心躍る季節を満喫して。

◎公演情報
【高野寛×宮沢和史×おおはた雄一】
2018年3月17日(水)※終了

関連記事リンク(外部サイト)

ニック・ヘイワード、来日公演を8月に開催&サマソニ出演決定
ABEDON、ソリスト公演を東阪ビルボードライブで初開催
スウィング・アウト・シスター、10月の来日公演が開催決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。