体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レッドブル・エアレース王者も参加!エアショウ「Luke Days 2018」

レッドブル・エアレース王者も参加!エアショウ「Luke Days 2018」

 2018年3月17日・18日(現地時間)、アメリカのアリゾナ州フェニックス近郊にあるルーク空軍基地で恒例のエアショウ「Luke Days 2018」が開催されました。アメリカにおけるエアショウシーズンの幕開けを告げるようなエアショウです。今年も地元のレッドブル・エアレース2004年・2006年チャンピオン、カービー・チャンブリス選手が参加するなど、様々な空のイベントが行われました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ルーク空軍基地はアリゾナ州フェニックス近郊にある空軍基地。名称はフェニックス出身で第一次世界大戦中のエースパイロット、フランク・ルークに由来します。今年2018年は、1941年3月に陸軍飛行場として開設されて75年になる記念の年です。

 ショウの前には、参加者が一堂に会してのプリフライト・ブリーフィングが行われます。第56戦闘航空団司令(兼ルーク空軍基地司令)のブルック・レオナルド准将、そして当日の航空管制責任者(エア・ボス)により、様々な注意喚起がなされ、安全で楽しいエアショウにするべく、全員の意識を統一します。

 ショウに先立つ3月16日には、小児がんなど治療の難しい子供達の願いを叶える「メイク・ア・ウィッシュ財団」との交流イベント「メイク・ア・ウィッシュ・デイ」が開催されました。ルーク空軍基地のレオナルド司令や、今回のショウにやってきた海軍のデモンストレーションチーム「ブルーエンジェルス」のパイロット達と、子供達が交流します。話をしたり、一緒に写真を撮ったり、サインをもらったり。人々の隣にある存在として、このような慈善事業は軍隊にとって非常に重要なものとなっています。

 3月17日・18日のショウ本番では、両日とも好天に恵まれました。例年2日間合計で42万人以上の観衆が訪れる、地域のビッグイベントです。飛行展示の幕開けは、P-51D、A-10、F-22、F-35Aによるヘリテージフライト。第二次大戦中の戦闘機と、現在、そしてこれからの主力機となる機体がダイヤモンド編隊を組んで上空を通過します。多くのエアショウで行われる演出ですが、速度域の違うプロペラ機と編隊を組むので、F-22とF-35Aの低速性能も判る貴重な場面でもあります。

 また、上空からは空軍士官学校パラシュート展示チーム「ウイングス・オブ・ブルー」による降下展示も。星条旗をはためかせて降りてきます。

 アメリカのエアショウは、古い飛行機を使った演出込みのドラマチックなフライトがあるのも特徴。T-6テキサン練習機をうまく改造して日本軍機(零戦や九七式艦攻)に仕立て上げ、真珠湾攻撃などを模したデモフライトを行う「TORA! TORA! TORA!」は特に人気です。今回はB-17とも共演し、南方戦線でのB-17撃墜を模したパターンも披露しました。



 また、第二次大戦中の練習機、ボーイング・ステアマンを使用したエアロバティックフライトも。この紅白に彩られたステアマンの操縦をしているのは、元空軍のF-16教官パイロットで航空会社の現役機長、ゲーリー・ローワーさんです。

 ボーイング・ステアマンは地上での展示も行われています。

 変わり種は、ジョン・クラットさんが操縦するジェットWACO「スクリーミン・サスカッチ」。これも1930年代に作られた複葉練習機Waco・F型の胴体下面に、ジェットエンジン(GE・CJ610)を追加してしまったというもの。こちらへやってくる時にはプロペラ機の音がして、目の前を通り過ぎると飛行機の後ろからジェットエンジンの音が聞こえてくる、という不思議な体験ができます。ジェットエンジンを追加したので、とてもパワフルな機体です。

 レッドブル・エアレースのパイロット、カービー・チャンブリス選手はアリゾナ州のフェニックスとツーソンの間付近に住んでいるため、このLuke Daysはホームタウン・エアショウとも言えます。レッドブル・エアフォースとともに、愛機エッジ540でエアロバティックフライトを披露しました。


 空ばかりでなく、地上にも様々な展示や催しがあります。飛行機ではホンダジェットのほか、現在空軍の次期ジェット練習機に立候補しているロッキード・マーティンT-50もコクピット見学を実施していました。また、航空自衛隊のF-35飛行隊要員もここで訓練を行なっているので、航空自衛隊仕様のF-35Aも展示されていました。


 また、エアショウには慈善団体のブースも多く出展されます。ピンクの車で慈善事業を行うピンク・ヒールズ(Pink Heals)も、グッズを販売するブースを出展していました。

 F-22やF-35Aのデモフライト、A-10の地上攻撃デモなども行われ、ショウストッパー(トリ)を務めるのは海軍のブルーエンジェルス。ウインタートレーニングを行なっていたカリフォルニア州NAFエルセントロに続き、2018年シーズン2回目のエアショウに臨みました。17日は機体トラブルのため、1機欠ける(ダイヤモンドが1・3・5番機、ソロが複座の7番機と6番機)ハプニングもありましたが、18日は無事6機体制でのショウが行われました。



 3月17日には、同じアリゾナ州のユマ海兵隊航空基地でもエアショウがありました。そして3月24・25日の週からは、11月まで毎週末3〜12ものエアショウが同時にアメリカ各地で開催される予定です。いくつかのエアショウは開催のキャンセルが明らかになっていますが、今年もエアショウシーズンが始まりました。

Photo:USAF 56th FW Public Affairs

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

全日空向けエアバスA380初号機・最終組み立て工場に主要部品到着
ロシア非常事態省向け消防飛行艇Be-200ESの4号機が初飛行
サーブの小型早期警戒管制機「グローバルアイ」初飛行

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。