ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飛騨牛を贅沢に味わえる「サーロインステーキ」

3月18日放送の「バナナマンのせっかくグルメ★1時間スペシャル!」(TBS系、午後18時00分~)では、神戸&飛騨高山を訪れたら絶対に食べておきたい絶品グルメを探した旅の中で、「キッチン飛騨」(岐阜県高山市)が紹介された。

同店は、JR高山本線・高山駅から徒歩10分程にあるステーキハウス。A5ランクの飛騨牛を贅沢に使用した「ビーフストロガノフ」(2,484円/税込み)や「自家製ハンバーグ&グリルベーコン」(2,160円/税込み)、「ローストビーフ」(2,484円/税込み)など味わうことができる。

番組では、お店のメニューとして「サーロインステーキ(A5)300g」(13,543円/税込み)を紹介。飛騨牛の美味しさを最大限に引き出す為に、フライパンに敷き詰められた上にサーロインを載せ蒸し焼きにする。身が柔らかくなり余分な脂が落ち極上の味わいになるのだとか。仕上げにラム酒のフランベで風味を付けたら完成だ。

コロッケさんが「サーロインステーキ」を一口頂くと「またね、脂がすごいあっさりしてて美味しいですね!もっとロースだとグッとくるかと思ったんですけど全然しつこくない!」と絶賛していた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ステーキハウス キッチン飛騨 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:飛騨・高山のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:飛騨・高山×洋食・西洋料理のお店一覧
飛騨牛を贅沢に味わえる「サーロインステーキ」
特製のデミグラスソースをかけた「ヘレビーフカツレツ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。