体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京都内】ピクニックにおすすめの公園20選!桜の名所・緑あふれるスポットなど

【東京都内】ピクニックにおすすめの公園20選!桜の名所・緑あふれるスポットなど

春のピクニックにぴったりな東京の公園を一挙に紹介! 広い芝生が自慢の公園や、桜の名所、都内とは思えないほど緑豊かな森林公園まで。

デートや、ちょっとしたお出かけにも最適です!週末、お弁当とレジャーシートを持って出かけてみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

代々木公園

原宿のすぐそば! 水と緑のひろびろ森林公園

代々木公園噴水が高さ15m~30mにも吹き上がります! 代々木公園こんなところに、かつて東京オリンピック選手村だった名残が! 奥の建物は、元・オランダ選手宿舎。

1964年東京オリンピック選手村跡地にできた代々木公園。園内の3分の1が樹木に覆われ、隣接する明治神宮の木々とともに、都心とは思えない深い森を形成しています。

木々に囲まれた公園の中央には、空に向かってひらけた草地広場。すぐ近くには噴水や水回廊の水景施設も。豊かな緑と水がコラボレーションするすがすがしい空間です。

園内には全長1.8kmもあるサイクリングコースがあり、自転車の貸し出しも実施(有料)。大人用、子ども用のほか、タンデム自転車の用意があるので、カップルでも利用できますね!

また、すぐそばが表参道や原宿の街という好立地も魅力のひとつ。公園でのんびりしたあとは、ショッピングや食事を楽しんでみてはいかが? 代々木公園

住所/渋谷区代々木神園町、神南二丁目

営業時間/常時開園(園内施設は別途設定あり)

アクセス/JR「原宿」より徒歩3分、東京メトロ千代田線「代々木公園」より徒歩3分、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)」より徒歩3分、小田急線「代々木八幡」より徒歩6分

駐車場/あり(有料)

料金/入園無料(一部有料施設あり)

「代々木公園」の詳細はこちら

新宿御苑

四季折々の自然が楽しめる都会のオアシス

新宿御苑ゆったり広がる芝生と巨樹が特徴のイギリス風景式庭園。新宿御苑約110種類500株のバラが植えられた、華やかなフランス式整形庭園。新宿御苑池とその周囲を巡る園路で構成される日本庭園。

もとは皇室の庭園として造られた、歴史ある新宿御苑。木々の間から新宿の高層ビル群がのぞく、都会のオアシスです。

周囲3.5kmという広大な敷地に、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園、日本庭園という、風情の異なる3種類の庭園が楽しめます。

なかでもイギリス風景式庭園のあたりは、のびやかに広がる芝生と、大きな木々が気持ち良いエリア。レジャーシートを敷いてのんびりするのにピッタリです! 新宿御苑のシンボルツリー・高さ30mを超えるユリノキの姿も。本当にイギリスの田舎を訪れたような気分を味わってみませんか?

園内には約65種1000本の桜が植えられ、桜の名所としても有名。2月のカンザクラから4月下旬のカスミザクラまで、長い期間にわたっていろんな桜を見ることができます。 新宿御苑

住所/東京都新宿区内藤町11

営業時間/9:00~16:00(16:30閉園)

定休日/毎週月曜日(月曜日が休日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)

アクセス/東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」より徒歩5分 など

駐車場/あり(有料)

入園料/一般200円/小・中学生50円/幼児無料(すべて税込)

*30人以上団体割引あり(一般150円 小・中学生25円)

*身体障害者手帳、療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1名の入園は無料

禁止事項/酒類持込禁止、遊具類使用禁止

「新宿御苑」の詳細はこちら

芝公園

これぞ東京の風景! 東京タワーが目の前に迫る

芝公園東京タワーがこんなに近くに!芝公園まるで山奥のような雰囲気のもみじ谷。高さ10mの岩場から落下する滝は壮観です。

敷地に入ると目に飛び込んでくるのが、間近にそびえる東京タワー! 雄大な建造物と公園の自然がマッチして美しい景観に。「これぞ東京!」を感じながらのんびりできる公園です。

実は、ここは明治6年に指定された日本で最も古い公園のひとつ。ところどころにあるクスノキ、ケヤキ、イチョウなどの大木が歴史の古さを物語っています。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。