体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すっきりが続く!クローゼット収納アイデア23選

すっきりが続く!クローゼット収納アイデア23選

クローゼットの収納アイデアを一挙にご紹介。クローゼット内のハンガーを1種類に統一したり、収納ケース内を間仕切りしたり・・・。お手軽な収納アイデアばかりだから、すぐ実践できるはず!クローゼットの整理整頓に役立ててくださいね。

目次

【クローゼット収納1】ハンガーポール

【クローゼット収納2】収納ケース

【クローゼット収納3】クローゼット上段の棚・天袋

【クローゼット収納4】バッグ

【クローゼット収納5】アクセサリー・小物類

 

【クローゼット収納1】ハンガーポール

クローゼットのなかでも最も好立地な場所”ハンガーポール”。
上手に使わないと、服がぎゅーぎゅーになったり、どこに何があるかわからなくなってしまいますよね。
クローゼット収納の達人は、それぞれに独自のルールを設けて服を収納していました!

 

かける順番を工夫して探しやすさアップ

idea asami/Photo 大滝央子

1つのクローゼット内を夫婦でシェアしているasamiさん。
中央から左側をご主人、右側がasamiさんとゆるく分けて、夫婦の服が混ざらないようにしています。
さらに、夫婦ごとに右からボトムスグループ、トップスグループにかけて、お目当ての洋服を見つけやすくしているのもポイントです。

 

”干した服はハンガーにかけたままクローゼットへ”がマイルール

Idea 梶ヶ谷陽子/Photo 菅井淳子

夫と二人でウォークインクローゼットをシェアしている梶ヶ谷さん。
洗濯して乾かした服は、ハンガーにかけたままクローゼットのハンガーポールに戻すようにしているのだとか。
このルールのおかげで、服をたたむ手間が省け、家事の時短につながったそう。

 

カビ防止に衣類カバーを取り入れて

Idea 林智子/Photo 山本彩乃

クリーニングに出した時のビニール袋に被せたままだと通気性が悪くなり、洋服にカビが生えてしまうことも!
季節外や年に数回しか着ない洋服は、通気性のある衣類カバーに入れてからクローゼットに収納するのがおすすめです。

 

ハンガーポール後ろの空間も収納に活用

Idea 梶ヶ谷陽子/Photo 菅井淳子

クローゼットのハンガーポール後ろのデッドスペースに突っ張り棒を設置し、着る機会の少ない服を収納。

 

オンシーズンの服はすべてハンガーポールにかける

idea Aki/Photo 大滝央子

肌着やシーズンオフの洋服は収納ケースにしまい、オンシーズンの洋服をすべてハンガーポールにかけているAkiさん。
一目で着たい服を見つけられ、たたむ手間がなくなったそうです。

 

【Column】ハンガーポール下の収納もフル活用!

idea Aki/Photo 大滝央子

ウォークインクローゼットのハンガーポールに吊るしている服の下。
ちょっとした空きスペースにスチールラックを置き、ズボンを吊るして収納できるようにしています。

 

【クローゼット収納2】収納ケース

クローゼット内で下着やズボン、シャツなどを整理するのに収納ケース(衣装ケース)を使っている方も多いはず。
でも、上手に収納しないと取り出すたびにしまっているものが崩れたり、どこに何が入っているかわからなくなりますよね。

クローゼット収納の達人の上手な収納ケースの活用術を見てみましょう。

 

収納ケース内に間仕切りをつくる

idea Aki/Photo 大滝央子

収納ケースに不織布ケースを3つ入れ、分別収納をできるように。
ぎゅーぎゅーに詰め込みすぎないルールを設け、取り出しやすくしているのもポイントです。

 

見た目すっきり!プラ段で透け防止

Idea asami/Photo 大滝央子

洋服や下着、スポーツウエアなど、透明な収納ケースだと、中身が見えてしまい、ごちゃごちゃした印象に・・・。
プラスチック段ボール(通称・プラ段)を収納ケースの前面にさしておけば、目隠しできて、見た目もすっきりした印象になりますよ!

 

収納ケース内を”色で分別”

Idea 林智子/Photo 山本彩乃
1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。