体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現地の暮らし、人のやさしさ、“ひとり時間“の使い方…旅で得た気付きが自分を変えてくれた / 長沼茂希インタビュー

現地の暮らし、人のやさしさ、“ひとり時間“の使い方…旅で得た気付きが自分を変えてくれた / 長沼茂希インタビュー

TABIPPOのプランナーである長沼茂希。2015年にTABIPPOにジョインしてからおよそ3年間、データ分析やPR、SNS、コンテンツ編集など幅広い領域を担当してきた。

旅から何を感じ、旅をしている間はどのようなことを考えているのか?旅のほかに興味があることは?など、その心のうちを詳しく聞いてみました。

現地の暮らし、人のやさしさ、“ひとり時間“の使い方…旅で得た気付きが自分を変えてくれた / 長沼茂希インタビュー

長沼 茂希

旅好きのメガネ好き。
2015年にジョイン→TABIPPOのPR/SNS/Editor/マネタイズなど担当。社内では潤滑油的な立ち位置。廃墟とハリボーとブラックサンダーが好きな井上雄彦ファンです。バスケもします。

 

――はじめてお会いしたとき、「そんなに旅の経験が豊富なわけではなくて」とおっしゃっていたのが印象的でした。旅をはじめたきっかけは、どんなことだったんでしょうか。

もともと国内旅行は好きでしたが、海外には興味がなくて。

初めて海外に行ったのが、大学3年生の2月、大学の同期たちと7人くらいで行ったハワイでした。それも、ハワイの学会に参加する指導教授の同行という形だったので、観光はあくまで“おまけ”。

これが正直、期待していたほど楽しくなくて。「ハンバーガーがデカい!」なんていう大学生らしい驚きはあったものの、日本語が通じるし、これなら沖縄と大差ないのかなと思ってしまいました。

――不完全燃焼だったハワイ。そこで海外への道は完全に断たれそうなものですが…。

僕の旅体験を変えてくれたのが、大学4年生の夏、遺跡を見たくて訪れたカンボジアでした。

道は舗装されていないし、ストリートチルドレンに取り囲まれるし、初めての体験だらけ。「飛行機でたった5時間ほど行ったところに、テレビで見た世界があったなんて!」と衝撃を受けました。

――カンボジアの半年後は卒業旅行シーズンですよね。卒業旅行も海外ですか?

卒業旅行は、ペルー・ボリビアとスペイン。

ペルーとボリビアは、ある旅人コミュニティで同行者が募られていた、10人ほどのグループ旅行に参加する形でした。宿や交通手段をシェアできるのがメリットです。

実は僕は、人付き合いに積極的なほうではなくて。初対面の人と旅するなんて、考えたこともありませんでした。それでもその旅はとても快適なものだったんです。年齢もバラバラで、共通点があるわけでもない人たち。「ウユニ塩湖やマチュピチュを見てみたい」というだけでつながっている――たったそれだけなのに、こんなにも心地いい関係性を築けるんだという驚きと発見がありましたね。日本で出会っていたら仲良くなっているかはわからないほど統一感のないメンバーだけど(笑)、いまでも彼らとは交流があります。

南米の後いったん帰国して、友人3人と1週間ほどスペインに行きました。
建築が好きなので、ずっとあこがれていた国のひとつ。
単独行動あり、サッカーあり、ハプニングあり、で、これも印象的な旅でしたね。

一番好きな国を聞かれたら、スペインと答えます。

みんな昼間からお酒を飲んでいて、若者の失業率が40%超だなんて信じられないほど陽気で。サッカーのゲームがある日はスポーツバー以外のお店が閉店しているのも、おもしろかったですね。10万人規模のスタジアムが埋まる国ですから。

――ハワイから卒業旅行の南米・スペインまでたった1年。その間に、急速に旅にハマったように見えます。大学を卒業するときにはすでに「旅を仕事にしたい」と思っていたんですか?

新卒入社したのは、Web制作の会社。そこでは1年間、分析の仕事をしていました。

そんなタイミングで、「TABIPPOからウユニ塩湖の写真集を出版します!ウユニ塩湖の写真を募集!」という情報を目にしました。試しに卒業旅行で撮った1枚を応募してみたら採用されて。

そんなご縁もあり、メンバー募集を知って、これだ!と応募したんです。
旅をする中で、「もっと若い人に旅してほしい」「旅をもっと身近なものにしたい」という気持ちが芽生えていました。コンテンツメーカーであるTABIPPOなら、前職の経験を生かして若者にアプローチできると思ったんですよね。

――名刺の肩書は「データアナリスト」とありますが、TABIPPOではどのような役割を担っているんでしょうか。

入社当初は、コンテンツ編集目線でのデータ分析を担当していました。

Google Analyticsを見て、「この時期はバックパッカー系の記事のPVが多くて、特に東南アジアの観光をテーマにしたものが人気だ」とユーザーのニーズを汲み取ったり、「TABIPPOが写真集を出版した影響で女性のユーザーが増えているから、女性向けのビジュアルメインの記事をもっと増やそう」とユーザー属性とコンテンツの相性を考えたりという役割です。

いまは、メディアのマネタイズについて考えるのが主な役割になっています。 “TABIPPO.NET”というWebメディアから、どうやってリアルのイベントやPAS-POLにどう送客していくかという部分ですね。

――旅以外の趣味について教えてください。

まずは、工場夜景と廃墟の撮影ですね。

そもそも写真が趣味なんですが、他の人があまり撮らないものを被写体に選びがち。

工場夜景はあの“メカ感”に男心をくすぐられますし、僕のイチオシの廃墟は神戸にある「摩耶観光ホテル」なんですが、バブル期の建築ならではの空間を広く使う造りや、苔の感じ、何度も塗り直された壁紙、独特の窓…たまらないですね。

散歩もよくします。旅に出ているときも歩きますが、日常的にも。家のまわりとか、いつも歩いている道でも、歩くたびに新しい発見があるんですよね。

自転車や車に乗っていたら見過ごすような小さなことに気付きながら、写真を撮ったり、頭の整理をしたりという時間が好きです。

もう一つ日常的なことで言うと、2chまとめを見るのも趣味ですね。

「メディアではAと報道されているけど、Bだと言っている人も少なからずいるんだ」と感じることがままあります。若者のリアルな声が集まっていて、新鮮な意見にハッとしますよね。
――今興味があることや、今後挑戦してみたいことはありますか。
移住と家庭菜園です。

出身は千葉ですし、いま住んでいるのも東京23区内ですが、都内から2時間圏内の“田舎”に住みたいという夢があります。

もともと自然が好きで、自然の中に身を置いていたいというのがひとつ。あと、日本ほどの都会って世界中探してもそうないですよね。都会にアクセスしやすい田舎に住んで、家庭菜園をしたり、ちょっとした不便を楽しんだりしている人って海外にはたくさんいます。そんな人たちと共通の話題ができるという期待もありますね。

最近は、旅行先を選ぶときの軸も“自然”になりつつあります。

2017年末に旅する編集部のアメリカ横断で行った、アメリカのヨセミテ公園もすごく気に入りました。再訪して、1か月くらいかけてゆっくり回りたいです。ニュージーランドやカナダの国立公園にも興味があります。

 

今年の夏に旅しようと思っているのは、アイスランド。

もちろんその大自然にも惹かれますが、実は、好きな映画やアーティスト、作品がアイスランドに絡んでいることが多くて。なんだかシンパシーを感じるというか、「行かなければ!」という使命感に駆られているんですよね(笑)。
――若者にもっと旅に出てほしいとおっしゃっていましたが、最後に、旅を通じて学んだことや、旅が長沼さんに与えた影響を教えてください。
二つあります。

一つは、“全員ではないけど、やさしい人は一定数いる”ということ。

学生のころ、「人間って、他人のことはどうでもいいんだ」と考えていた時期があったんですね。時期でいうと、カンボジア旅行のあと。人とのかかわりが面倒になっていました。
そんなときに、和歌山を旅したんです。

その旅では、通りすがりのドライバーが「近くの駅まで送るよ」と話しかけてきてくれるとか、そんな人のやさしさに触れることが立て続けにあって。大きなバックパックを背負っていて大変そうに見えたかもしれませんが、とはいえ僕のことを全然知らないし、見返りなんてまったく期待できないのに、ですよ。

その旅での経験があって、誰かのささいな気づかいに気付けるようになりました。

 

たとえば、電車で隣り合わせた人が、僕が座りやすいように荷物をよけてくれた、とかそういうささいなことです。でも、それも僕にとっては大きな発見でした。小さなやさしさや感謝すべき人は世の中にあふれているんだ、と。それに気付けなかった自分の小ささにも目を向けることができました。

もう一つは、“自分の時間”の使い方について。

これも和歌山の話になるんですが、駅まで車で送ってくれた人に聞いてみたんです。「どうして僕を乗せてくれたんですか?」と。すると返ってきた答えは、「だって、一人で運転するのはさみしいし、暇でしょ。君がいたほうがもっと楽しい時間になるよね」。

これには驚きました。誰かと過ごすことで自分の時間をより楽しいものにしようとする――そういう考え方もあるんだ、と。

考えてみると、旅のときにホテルではなくゲストハウスを選ぶ人も、似た考え方をしていると思うんです。ただ宿泊費が安いから選んでいるのではなくて、自分の旅をゲストハウスに共有するというか、一人の時間をより有効活用するために他人を巻き込んでいるんですよね。

こんな発見があった和歌山の旅は、印象的な旅のひとつでしたね。

 

落ち込んだり悩んだりしたとき、ネガティブな気持ちになったとき、それを和らげたり、発散したりする方法は人それぞれでしょう。

その選択肢のひとつとして、”旅”がもっと広まればいいなと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

世界遺産アカデミー認定講師がおすすめ!これからブレイクする世界遺産は◯◯!
旅祭で出会った「旅好き美女」25人
「ラオス人の彼氏がいるのか」と疑われるほどラオスに行きました
【独占インタビュー第2弾】GAKU-MC氏が語る「海外での経験が、自分らしさを作るということ」

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。