ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

majiko、アルバム『AUBE』発売記念ライブを東京・新代田FEVERで開催

majikoが3月7日(水)にリリースしたアルバム『AUBE』の発売記念として、ライブ『majiko presents「new album “AUBE” release party」』を名古屋、大阪で開催。そして3月14日(水)の東京・新代田FEVER公演では東京ハイカラ編として、majikoと親交のあるLUCKY TAPES、チーナを迎えてリリースパーティーを開催した。この日はアルバム『AUBE』より「アガルタの迷い子」でスタートし、「Learn to Fly」「スープの日」を披露。曲調によって変幻自在な歌唱と飛び跳ね回るmajikoに、会場は最初から熱気と多幸感に包まれた。
3月14日@東京・新代田FEVER Photo by Viola Kam[V'z Twinkle] (okmusic UP's)

動画共有サイトに投稿している「ボートに乗って」「このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る」では、majiko色に染め上げ、彼女ならではの奥深い世界を作り上げている。290万以上の動画再生回数を記録している「心做し」では、息を飲むほどの静けさに始まり、心に突き刺さる圧巻の歌唱で会場ではすすり泣きが聞こえてきた。後半は、ストレイテナー「冬の太陽」をmajikoアレンジでカバー、ライヴアンセムとなっている「アマデウス」「きっと忘れない」を含む12曲で、本編は幕を閉じた。

アンコールで登場したmajikoは満面の笑みで、東名阪ツアーが楽しくてたまらかったことをバンドメンバー、スタッフ、観客に向けて力強く感謝の言葉を語った。最後に披露したのはアルバムのリードトラックとなっている「声」。どこまでも伸びやかに上昇していくmajikoの歌声は、希望に満ちているようだった。アルバムタイトル『AUBE』はフランス語で“夜明け”を意味し、文字どおり“majikoの夜明け”となった。

Photo by Viola Kam[V’z Twinkle]

【セットリスト】

1.アガルタの迷い子

2.Learn to Fly

3.スープの日

4.ボートに乗って

5.このピアノでお前を8759632145回ぶん殴る

6.UNDERCOVER

7.ノクチルカの夜

8.心做し

9.冬の太陽

10.Avenir

11.アマデウス

12.きっと忘れない

EN.声
ミニアルバム『AUBE』
2018年3月7日発売

【限定盤】(CD+DVD)

UICZ-9102/¥2,800(税込)

<収録曲>

■CD

1.声

2.Learn to Fly

3.アガルタの迷い子

4.スープの日

5.ダーウィン先生の倦怠

6.UNDERCOVER

7.Avenir

8.AM

■DVD -Live Video-

1.end

2.このピアノでお前を875963 2145回ぶん殴る

3.ノクチルカの夜

4.ダージリン

5.彗星のパレード

6.心做し

7.冬の太陽

8.世田谷ナイトサファリ

9.アマデウス

10.きっと忘れない

11.Avenir

※限定盤に付属のDVDはワンマンLIVE「Decembre」at 渋谷WWW Xの模様をダイジェストで収録

【通常盤】(CD)

UICZ-4416/¥2,000(税込)

<収録曲>

■CD

1.声

2.Learn to Fly

3.アガルタの迷い子

4.スープの日

5.ダーウィン先生の倦怠

6.UNDERCOVER

7.Avenir

8.AM
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy