ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蘭ねーちゃんJK用語連発で「マジ卍」 『名探偵コナン ゼロの執行人』のテンあげ動画にネット民「ちょ!マ!?」と困惑

conan

劇場版22作目となる最新作『名探偵コナン ゼロの執行人』。4月13日(金)の全国公開を前に、蘭ねーちゃんの様子がちょっとオカシイ(?)特別映像が到着した。

劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』毛利蘭×極秘任務 蘭チャンだってJK篇(YouTube)
https://youtu.be/2Hn2xFgEGRA

東京サミットの会場を狙った大規模爆破事件を発端に、コナンと公安警察が真っ向衝突する最新作。20作目『純黒の悪夢(ナイトメア)』に続き、私立探偵・黒ずくめの組織・公安警察のトリプルフェイスを使いこなす謎の男・安室透がメインキャラクターとして登場する。

「蘭チャンだってJK篇」と題した今回の動画では、ヒロイン・毛利蘭が『ゼロの執行人』の特報映像に合わせてアフレコを実施。安室透を「あむぴ」呼ばわりし、「なしよりのありかも」「ちょ!てゆかお父さん逮捕ってマ!?」「そんな展開イミフ!」「ワンチャンありそう」「マジ卍!」などと、普段の蘭ねーちゃんなら絶対に言わないであろうJK用語を連発している。

この蘭ねーちゃんのご乱心に、ネット上は「マ!?そマ!?」「蘭ちゃんがキャラ大崩壊してて草」「蘭ねーちゃんの破壊力ヤバい」「蘭ちゃん無理しないでw」「公式があむぴってwww」「このキャラでスピンオフ作って欲しい」などと大盛り上がり。

アフレコを終えて、「これで良いのかな。JKって大変なのね……」と疲れ切った蘭ねーちゃんのカットで幕を閉じるメタフィクション展開もファンには堪らない内容となっているようだ。

映画『名探偵コナン ゼロの執行人』公式サイト:
http://www.conan-movie.jp/

(c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy