ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フレデリック、自分たちの曲をカバーしてほしいアーティストは?

フレデリック、自分たちの曲をカバーしてほしいアーティストは?
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(火曜担当ナビゲーター:フレデリック)。3月13日(火)のオンエアでは、フレデリックが「曲をカバーされること」について話しました。

リスナーから「もしフレデリックの楽曲を海外のアーティストにカバーしてもらえるなら、誰にどの曲をカバーしてもらいたいですか?」と質問され、メンバーはこんな希望を語りました。

・TWO DOOR CINEMA CLUBに「トライアングルサマー」
・RADIOHEADに「POOLSIDE DOG」
・Jamiroquaiに「スローリーダンス」
・Mr.BIGに「バジルの宴」

次々に出しながら「やばい!」「ヨダレ出る!」と盛り上がるメンバーたち。「海外に限らず、日本のアーティストにもカバーしてもらえるだけでうれしい」とのこと。ここである曲を流したのですが、それはUbiquitous Synergy Seeker(UCC)がカバーした「オドループ」。なんと、カナダのロックデュオがフレデリックの曲をカバーしているんです。

【放送はこちら】「オドループ」のカバーをradikoで聴く

UCCが来日した時に日本のバンドの音源をいろいろ聴いた中で、「このバンドすごくいいじゃん」「カバーさせてくれよ」とオファーを受け実現したのだとか。康司によると「オドループ」は海外で反響が大きく、他の人たちがライブで演奏している動画を見ることがあるそうです。

康司:いろんな反応がある中で、こうやって「オドループ」がカバーされたら、曲を作った本人としては、なんかすごいこう……。
健司:海外に羽ばたいていってるわけやんか、曲自身が。
康司:なんかすごいよな。だからもう、本当に国を越えてというか「音楽ってすごいな」って思う。こういうことに俺はすごい「夢があるな」って思う。

曲の持つ可能性に感動するメンバーでした。

この日の放送では、康司が現在考案中の新しいグッズについての展望も明かされていました。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy