体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

売り切れ続出! ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えアレンジ5選

Instagramで大ブーム中!「たべる牧場ミルク」知ってる?

コンビニに寄るとついついチェックしたくなる、「コンビニアイス」の存在。そんなコンビニアイス界でいま空前の大ブームを巻き起こしているのが「たべる牧場ミルク」!
気の抜けた牛のイラストがなんともかわいい「たべる牧場ミルク」(198円)|ファミリーマート|売り切れ続出!ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えするアレンジ5選

気の抜けた牛のイラストがなんともかわいい「たべる牧場ミルク」(198円)|ファミリーマート
ファミリーマート限定で発売されているミルクアイスだ。「ガリガリくん」でおなじみの赤城乳業が製造している。

シンプルだけど、どこかゆるく気の抜けたパッケージがインスタ映えすると大人気。製造が追いつかず、店舗ごとの仕入れ個数に制限があるほど! そのため、昼過ぎには売り切れてしまっていることも多いそうだ。

見た目だけでなく、おいしさも人気の理由。牛乳50%使用とパッケージに記載されている通り、ミルクの甘みをダイレクトに感じる優しい味わいだ。食感はやわらかで、冷凍庫から出したてでもスッとスプーンが入る。
ミルク感たっぷりのホッとする味わい|売り切れ続出!ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えするアレンジ5選

ミルク感たっぷりのホッとする味わい「たべる牧場ミルク」をアレンジしよう!

そのまま食べてもおいしい「たべる牧場ミルク」だが、Instagramではさらにアレンジした写真が流行中。

aumさん(@ma_cha8314)がシェアした投稿 – 3月 10, 2018 at 12:14午前 PST

フタを開けてみると、たしかに「ここに何か入れてください」と言わんばかりの空間が……。

では早速、インスタ映え&おいしさアップする「たべる牧場ミルクアレンジ」を試してみよう!
上部には隙間が……|売り切れ続出!ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えするアレンジ5選

上部には隙間が……①.定番の組み合わせ!「たべる牧場ミルク」×「ホットコーヒー」

まずはInstagramでも一番多く見かけた、「たべる牧場ミルク」×「ホットコーヒー」の組み合わせ。思い切ってそのままドバッとコーヒーを注いでみよう。
「たべる牧場ミルク」×「ホットコーヒー」|売り切れ続出!ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えするアレンジ5選

「たべる牧場ミルク」×「ホットコーヒー」

まずは、このルックス! コーヒーのブラウンと、ミルクのホワイトのコントラストがなんともオシャレで、牛さんがグッと大人びた。
コーヒーとミルクの色のコントラストにときめく|売り切れ続出!ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えするアレンジ5選

コーヒーとミルクの色のコントラストにときめく
コーヒーの熱で溶けかけた部分がおいしい|売り切れ続出!ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えするアレンジ5選

コーヒーの熱で溶けかけた部分がおいしい
味も文句なしにおいしい。

あっさりとしたアフォガードという印象だ。あつあつ&ヒヤヒヤの温度差も楽しめる。コンビニの店先でもカンタンに作れる手軽さも魅力だ!②.デザートドリンク好きなら!「たべる牧場ミルク」×「抹茶ラテ」

次にトライするのは、「たべる牧場ミルク」×「抹茶ラテ」。こちらもInstagramでは定番の組み合わせだ。
「たべる牧場ミルク」×「抹茶ラテ」|売り切れ続出!ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えするアレンジ5選

「たべる牧場ミルク」×「抹茶ラテ」

ミルクアイスの白いボディに抹茶のグリーンが映えてなんともフォトジェニック。色の濃いドリンクと「たべる牧場ミルク」の相性は抜群のようだ。
抹茶の緑が映える!|売り切れ続出!ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えするアレンジ5選

抹茶の緑が映える!
ちょっと甘いが、抹茶の香りが絶妙!||売り切れ続出!ファミマ限定「たべる牧場ミルク」のインスタ映えするアレンジ5選

ちょっと甘いが、抹茶の香りが絶妙!
抹茶ミルク自体が甘めなので、「たべる牧場ミルク」と合わさることで味はかなり甘くなった。スタバのフラペチーノなどデザートドンク好きの人なら気に入るテイストだ。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。