体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【保存版】無料で入れるニューヨークの美術館22選

【保存版】無料で入れるニューヨークの美術館22選

世界的大都市ニューヨーク。五番街にはショッピングを楽しむ人々、セントラルパークでは都会の喧騒から逃れ、日光浴、スポーツを楽しむ人。街並みは美しく、アートギャラリーや美術館には毎日多くの人が訪れます。

グルメ、ファッション、アート、全てが最先端の街、誰もが一度は訪れたい憧れの場所ではないでしょうか?

そしてニューヨークを訪れるなら美術館巡りは外せませんよね。通常入場料は20~30ドルですが、各美術館には無料で入れる日があるのでご紹介します。

※編集部追記
メトロポリタン美術館について追記しました。(2018/03/15)

 

メトロポリタン美術館 (The Metropolitan Museum of Art)

metropolitan-museum-of-art-754843_640

photo by Pixabay 

世界最大級の美術館。ニューヨークの観光地の中でも特に人気の場所です。

ゴッホ、モネ、ピカソなど、世界的に有名な作品が多数並び、丸一日かけても全て見るのは難しいと言われるほど大きな美術館です。セントラルパークの東側に位置します。

IMG_0736

photo by MAKOTO NANNO

ちなみにドラマ、Gossip Girlでセレーナやブレアたちが階段に座りお茶をする場面が多々ありますよね。それはここ、メトロポリタン美術館の正面階段です。

こちらの入場料は25ドルと記載されていますが実は入場料の 設定はなく、ドネーション(寄付)のみです。入場の際にドネーションをお願いされるので、 少なくとも1,2ドルは支払いましょう。

 

※編集部追記
2018年3月1日より、任意性であった入館料の支払いが義務化となりました。大人25ドル、学生12ドル、12歳以下は無料となります。

お詫びして訂正いたします。ご指摘していただいた読者の方に感謝申し上げます。

 

ニューヨーク近代美術館(MOMA)

IMG_0999

photo by MAKOTO NANNO 

ミッドタウン53丁目、五番街の近くにあるので、いつも買い物客で賑わいます。併設されるギフトショップもお洒落で人気があります。

19世紀から現在までのアートが多数展示されており、バスキア、アンディ ワーホル、キース ヘリングなど馴染みのある作品も多く、あまり美術館が好きでない方でも楽しめるお洒落な空間です。

入場料

金曜日4-8時のみ 無料

通常25ドル

入場するまでに行列ができていますが、割とすぐに入れます。しかし館内は混み合うので、閉館ギリギリを狙うのがおすすめです。

 

アメリカ自然史博物館 (American Museum of Natural History)

アッパーウェストサイドにある科学博物館。

ティラノサウルスなど恐竜の骨格標本をはじめとした多くの動物の展示物があります。映画 “ナイトミュージアム” の舞台となった博物館なのでファンの方には必見ですね。

こちらも同じく料金表示は22ドルですが、ドネーションのみです。

 

ホイットニー美術館 (Whitney Museum of American Art) 

IMG_1273

photo by MAKOTO NANNO

 2015年5月にミートパッキングディストリクトに場所を移しオープンしたばかりの近代美術館。

広々とした会場に近代アートを中心にゆったりと展示されています。

IMG_1114

photo by MAKOTO NANNO

なんといっても8階にある広々としたバルコニーから眺めるニューヨークの街並みは最高です。

これだけのために来てもいいくらい素晴らしく、私も大好きな場所です。

IMG_1097

photo by MAKOTO NANNO

IMG_1095

photo by MAKOTO NANNO

 ハイラインパークのすぐそばに位置し、美術館のまわりはお洒落な店やレストランが多く並ぶ人気スポットです。ちなみに私が一番好きな美術館です。

 

入場料

金曜日6-9時のみ無料(ドネーションのみ)

通常 22ドル

 

無料日まとめ

おすすめの美術館4つを紹介しましたが、その他の美術館にも無料入館日はあります。

火曜日

スタッテン島美術館

 

水曜日

ブロンクス芸術美術館

 

木曜日

ニューミュージアム

デザイン美術館

 

金曜日

ノグチ美術館

映像美術館

国際写真センター

アメリカ民族芸術美術館

ホイットニー

MOMA

 

土曜日

ブルックリン美術館

グッゲンハイム美術館 (メトロポリタン美術館に近い)

ユダヤ博物館

 

日曜日

ニューヨーク市立博物館

 

毎日

F.I.T美術館

国立アメリカンインディアン博物館

メトロポリタン美術館

アメリカ自然史博物館

 

まとめ

IMG_0568photo bt MAKOTO NANNO

これらの美術館の他にも、SOHO地区やチェルシー地区にある小さなギャラリーでは毎日無料で若手アーティストの展示が行われています。ギャラリー巡りも楽しみの一つですね。

美しいアートを見た後は、入場料で浮いたお金で美味しいものを食べてより一層ニューヨークを楽しんでください!

関連記事リンク(外部サイト)

生きた証を預ける場所。豊島にある「心臓音のアーカイブ」
北イタリアの湖を舞台にした巨大アートプロジェクトが開催!
ロサンゼルス観光するなら!10ドル以下の絶品グルメ6選
柔道家・野村忠弘のアナザースカイ「アメリカ・サンフランシスコ」

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。