ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人受賞者も! 第90回アカデミー賞を徹底解説

日本人受賞者も! 第90回アカデミー賞を徹底解説
J-WAVEでオンエア中の「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「FEATURE FOCUS」。3月9日(金)オンエアでは、ハリウッド外国人映画記者クラブのメンバーで映画ジャーナリストの中島由紀子さんに、先日おこなわれた第90回アカデミー賞について訊きました。

3月4日(日)、第90回アカデミー賞授賞式がロサンゼルスのドルビー・シアターで開催されました。『シェイプ・オブ・ウォーター』が、作品賞、監督賞を含む最多4部門を受賞。また、メイクアップ&ヘアスタイリング賞では、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』に特殊メーキャップアーティストとして参加した辻 一弘さんが受賞し、大きな話題となりました。

『シェイプ・オブ・ウォーター』で監督を務めたギレルモ・デル・トロさんは、受賞の挨拶で「私は移民です。今アメリカの映画業界をリードしているほかの2人もメキシカンで移民なんです。アメリカに来て、自分たちの夢が果たされました。だから今の移民の問題にめげずに、みなさん夢を見て、自分の夢に向かってください」と、現トランプ政権の移民政策に触れたコメントをしました。

また、主演女優賞を受賞した『スリー・ビルボード』のフランシス・マクドーマンドさんは、スピーチで「inclusion rider」という耳慣れない言葉を使い、話題に。これは「みなさん、映画の出演契約をするときに、ちゃんといろんな人たちが包括されて力が発揮できるように、多様性が担保されるようにしてくださいね」という意味を込めたメッセージなのだそう。

続いて、辻 一弘さんがメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』について訊きました。

中島:ウィンストン・チャーチルは首相になったものの、人気が落ちて非常に苦労します。その時の苦しみとか、彼がいかにリスクを持って決断したかっていう、彼にとってのダークな時間を通過した内容なんですね。ゲイリー・オールドマンが、それは見事にチャーチルを演じていました。

この作品でゲイリー・オールドマンさんの支えになったのは辻さんのメイクだったそう。最初からゲイリーが辻さんを指定していたそうで、ゲイリーさんは受賞後のプレスルームでも『彼なしではこの作品ができなかった』と語っていたと言います。

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は、3月30日(金)に公開です。ぜひ、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」
放送日時:金曜 6時−11時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy