ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
週末のみ開催されるバンコクの巨大マーケット「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」はあまりにも有名。衣類からタイ雑貨、スパグッズ、アンティークまでなんでも揃うマーケットはテーマパークさながらの楽しさがあります。

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットとあわせて楽しみたいのが、外国人観光客にはあまり知られていない穴場的フードマーケットの「オートコーマーケット」。

バンコクの週末は、買い物天国&食べ物天国の2つのマーケットをはしごして、欲張りな一日を過ごしてみませんか。

週末のバンコク名物「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
週末をバンコクで過ごすなら、一度は足を運んでみたいのが、「チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット」。1982年に設立されたタイ最大級のマーケットで、1.13平方キロメートルの敷地に1万5000店もの店舗が出店しているというバンコク名物の超巨大マーケットです。

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
取り扱う商品・サービスは、洋服からエスニック衣料、バッグや靴、アクセサリー、スパグッズ、造花、陶器、インテリア用品、アンティーク、食べ物屋台、マッサージ店など、ありとあらゆるものが揃っています。

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットは、一度入り込んでしまうとどんどん深みにハマる迷宮。ショッピング好きなら一日いても飽きないかもしれません。

巨大マーケット攻略法

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
一部金曜日も営業しているお店もありますが、チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットの正式な営業日は毎週土曜日と日曜日のみ。営業時間は8:00~18:00ごろとされていますが、店によって異なり、10:00ごろまで開店しない店も少なくありません。

海外からもバイヤーが訪れるほどの有名マーケットだけあって、午後にはたくさんの人でごったがえすため、比較的空いている朝のうちから出かけるのがおすすめ。ただしあまり早すぎても開いていないお店が多いので、10時前に到着するようにするといいでしょう。

チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットは、MRTカムペーンペット駅の2番出口を出てすぐのところにあり、BTSモーチット駅も利用できます。

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
敷地は27のセクションに分かれていて、それぞれに商品カテゴリーがおおまかに決められています。マーケットの隅から隅までを全部見ようと思うと一日あっても足りないくらいなので、重点的に見たいセクションをあらかじめ決めておくのが得策です。

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットにある店舗の多くはクレジットカードが利用できないので、買い物には現金が必須。マーケット内には両替所もありますが、必要なときにすぐ見つかるとは限らないので、事前に両替を済ませておいたほうがスムーズです。

バラマキ土産探しにもぴったりな雑貨天国

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケットは、とにかくショッピング好きにはたまらない買い物天国。ほとんどが小さな個人商店なので、大型のショッピングモールやチェーン店にはないような個性的なアイテムに出会えるのも魅力です。

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
お土産調達が目的なら、小さなポーチやスパグッズなどの雑貨は絶対に見逃せません。マーケット内を歩いていると、キャンドルやお香とお香立てのセット、お花の形に彫られた美しい石鹸など、バラマキ土産にぴったりなプチプラ雑貨が目に飛び込んできます。

雑貨にグルメに、バンコクの週末はウィークエンドマーケット&穴場のフードマーケットをはしご
タイ北部の山岳民族のデザインを取り入れたカラフルなポーチやバッグ、キーホルダーなどのエスニック雑貨にも注目。どこにでもあるような量産品だけでなく、一つひとつ手作りされた小規模なデザイナーズブランドのタイ雑貨にも出会えます。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。