ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】米津玄師DLソング4連覇、星野源ストリーミング1位に

【ビルボード】米津玄師DLソング4連覇、星野源ストリーミング1位に

 2018年3月19日付(3月14日発表)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は「Lemon」米津玄師、ダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”は『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』が首位を引き続きキープし、ストリーミング・チャート“Streaming Songs”は先週初登場した星野源「ドラえもん」が1位に輝いた。

 「Lemon」米津玄師は徐々にポイントが減ってきているものの、2位と5000ポイント差で今週も堂々の首位に。2位には欅坂46の最新シングル「ガラスを割れ!」が初登場。3万ポイント越えしたフィジカル・セールスに牽引され、総合ソング・チャート“Hot 100”では1位に輝いている。加えてTOP10圏内には、「No Question」m-flo(7位)、「無限未来」Perfume(8位)、「風吹けば恋」高木さん(高橋李依)(9位)の計4曲が初エントリーしている。

 “Download Albums”は、依然と『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが根強く、同作を抑え【アカデミー賞】で<最優秀作曲賞>を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』のオリジナル・サウンドトラックは今週36位に初登場している。2位に食い込んだ、三浦大知のベスト・アルバム『BEST』は、総合アルバム・チャート“Hot Albums”でおよそ2000ポイント差で首位に。4位をマークしたNulbarichの『H.O.T』は、“Hot Albums”5位初登場となった。

 “Streaming Songs”は、王座をキープしていた菅田将暉の「さよならエレジー」を下し、星野源の「ドラえもん」が初首位に。30ポイントという僅差のため、来週は混戦が予想される。3位には“Hot 100”首位に輝いた「ガラスを割れ!」欅坂46が初登場。また、今週の集計期間に3月9日が入っているため、ここ数年卒業ソングとして親しまれているレミオロメンの「3月9日」が先週16位から7位へとジャンプアップした。

◎【Download Songs】トップ10
1位「Lemon」米津玄師
2位「ガラスを割れ!」欅坂46
3位「ドラえもん」星野源
4位「さよならエレジー」菅田将暉
5位「Change」ONE OK ROCK
6位「here comes my love」Mr.Children
7位「No Question」m-flo
8位「無限未来」Perfume
9位「風吹けば恋」高木さん(高橋李依)
10位「サザンカ」SEKAI NO OWARI

◎【Streaming Songs】トップ10
1位「ドラえもん」星野源
2位「さよならエレジー」菅田将暉
3位「ガラスを割れ!」欅坂46
4位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
5位「Pain, pain」E-girls
6位「サザンカ」SEKAI NO OWARI
7位「3月9日」レミオロメン
8位「Change」ONE OK ROCK
9位「Candy Pop」TWICE
10位「TT」TWICE

◎【Download Albums】トップ10
1位『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』
2位『BEST』三浦大知
3位『BOOTLEG』米津玄師
4位『H.O.T』Nulbarich
5位『15YEARS-BEST HIT SELECTION-』globe
6位『I』JUJU
7位『Everybody!!』WANIMA
8位『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』Mr.Children
9位『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』Mr.Children
10位『BACK2THEFUTURETHEALBUM』m-flo

関連記事リンク(外部サイト)

3月19日付 Billboard JAPAN ダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”
3月19日付 Billboard JAPAN ダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”
3月19日付 Billboard JAPAN ストリーミング・チャート“Streaming Songs”

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。