ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MONDO GROSSO、アイナ・ジ・エンド(BiSH)参加の「偽りのシンパシー」MVはワンカット1発撮り!

大沢伸一のソロ・プロジェクトMONDO GROSSOが3月21日にリリースする、昨年14年振りにリリースしたヒットアルバム『何度でも新しく生まれる』の続編アルバム『Attune / Detune』。先行してデジタルリリースされていた新曲、BiSHのアイナ・ジ・エンドが歌う「偽りのシンパシー」のMVが公開された。
大沢伸一、アイナ・ジ・エンド(BiSH) (okmusic UP's)

昨年6月に公開された「ラビリンス」のMVがYouTube再生回数が1000万回を超えるなど、映像作品にも高い評価を得えているが、新作MV「偽りのシンパシー」でもアイナ・ジ・エンドが10cmのハイヒールを履き、SEXYで圧倒的なダンスパフォーマンスを披露し新境地を魅せている。《誰にも 言えない 秘密のこと/誰にも 言わない ホントのこと/どこにもいけない二人の嘘シンパシー>

アイナ・ジ・エンドにとって、これまでハイヒールを履いた経験自体も少なかったが、撮影までの約1ヶ月間、毎日1時間ハイヒールを履いて歩き、ダンスの特訓も重ねて撮影に挑んだという、渾身のMUSIC VIDEOに仕上がっている。

また、最新アルバム『Attune / Detune』のiTunesにてプレオーダー(予約注文)がスタート! 3月19日までに予約注文すると450円お得な1,050円となる。同時に前作アルバム『何度でも新しく生まれる』も期間限定フラッシュプライスの1,050円でダウンロードできるので、是非この機会にチェックしておきたい。

なお、今年も4月21日に開催されるRECORD STORE DAYに合わせ、続編アルバム『Attune/Detune』から、「KEMURI/TURN IT UP」の12インチアナログレコードのリリースも決定した。

■アルバム『Attune / Detune』のiTunesにてプレオーダー

https://itunes.apple.com/jp/album/id1354939574?app=itunes&ls=1
【アイナ・ジ・エンド コメント 】

今回は、MONDO GROSSOさんの作品に携わることができて本当に嬉しいです。

この作品を通して、ほんの少し…大人の女性に近づけた気がしました。

MVで着てる衣装は、今の私を見てから作ってくださり、

“まだ大人の女性になれてない少女”のような表現をしてくれました。

ハイヒールでのダンスは慣れていなくて難しかったです。

未熟者の私ですが、出来上がった作品をみたら”今の私じゃなきゃ出せない空気なんじゃないかな” と思いました。

おばあちゃんになってからもまた見返したい作品になりました。

ぜひ見てみてください!
アルバム『Attune / Detune』
2018年3月21日発売

2018年3月20日配信

【CD】

CTCR-14939/¥2,000+税

【CD+Blu-ray】

CTCR-14938/B/¥3,300+税

初回仕様:デジパック

<収録曲>

■CD

01. One Temperature[Vocal:Big-O]

02. TURN IT UP[Vocal:大橋トリオ]

03. 偽りのシンパシー(Album Mix)[Vocal:アイナ・ジ・エンド(BiSH)]

※TBS系 火曜ドラマ「きみが心に棲みついた」挿入歌

04. KEMURI[Vocal:ACO]

05. ̶ Attune / Detune ̶

06. KEMURI (Retune)[Vocal:RHYME]

07. ERASER (FRF 2017 Rearrangement)[Vocal:二神アンヌ]

08. ラビリンス (Thousand Tears Orchestra Instrumental)

09. 惑星タントラ / やくしまるえつこ

■Blu-ray

※3Dサウンド採用、Blu-rayの高画質で収録!

・偽りのシンパシー

・ラビリンス

・惑星タントラ

・SEE YOU AGAIN

・TIME

・TURN IT UP

・春はトワに目覚める
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。