ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

健気に働く姿が愛らしい「草むしりロボット」

健気に働く姿が愛らしい「草むしりロボット」

少しずつ暖かくなりはじめた今日この頃。空気がなんだか柔らかく感じて、ランチタイムに外に出てると、いつもより遠出したくなりますよね。

それは植物も同じなようで、春先から元気になる品種はたくさん。冬の間にほったらかしてた庭や家庭菜園を、そろそろキレイにメンテしなくちゃです。

めんどくさがり屋にはこんなアイテムもありますよ。

勝手にしっかり草刈りします

健気に働く姿が愛らしい「草むしりロボット」健気に働く姿が愛らしい「草むしりロボット」健気に働く姿が愛らしい「草むしりロボット」

ルンバみたいなこの子は、床ではなく土専用。庭刈りロボット「Tertill」くんです。

上部ついているスクリーンみたいなものは、太陽光をエネルギーに変えるソーラーパネル。そのため充電をする必要なし!なんてお利口なんでしょうか。この子が頑張って庭を駆け回ってくれている間、ゆっくりティータイムもできちゃいますね。健気に働く姿が愛らしい「草むしりロボット」

とくに本格的に家庭菜園をしている人にとっては、除草剤を撒く手間も省けて便利かつエコ。雑草を一網打尽にする姿には、頼もしささえ感じます。価格は約250ドルと、太陽光自動発電式と思えばお手頃かも。

ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。たくさんあるハードルを少しでも低くして、元気な野菜や花を育てたいものです。

ちなみにこちらで購入できますよ。Licensed material used with permission by Franklin Robotics

関連記事リンク(外部サイト)

我が家にもやってきた!スマホで操る「ロボットバーテンダー」。
さすがMIT。この「ロボットアクセサリー」は、ただ動くだけでは終わらない。
懸命に働くロボットたち。ショートフィルム『悪循環』のメッセージとは?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。