ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日米合同演習での「海を守る」もうひとつの活動

日米合同演習での「海を守る」もうひとつの活動

 現在グアム周辺海域で行われている、海上自衛隊とアメリカ海軍との合同演習「マルチセイル2018」。海上自衛隊からは護衛艦ふゆづき(DD-118)が参加しています。演習で主に行われるのは戦闘訓練ですが、その合間にはもうひとつの「海を守る」活動をしているのです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 2018年3月8日から始まった、海上自衛隊とアメリカ海軍の合同演習「マルチセイル2018」。顔以上自衛隊からは護衛艦ふゆづき(DD-118)が参加し、対潜戦闘や対空戦闘などの訓練を通じて、日米における連携能力の向上を図っています。


 これら戦闘訓練は「海を守る」海上自衛隊、海軍にとって重要なこと。しかし、マルチセイル2018では、これ以外にも「海を守る」ために活動を行なっています。

 グアム等の西海岸にあるアサン・マイナ村。ここのチョリト・ビーチで3月6日(現地時間)、アメリカ海軍の将兵が海岸清掃を行なったのです。

 一見きれいな浜辺に見えますが、意外と様々な漂着物があり、砂浜や浜辺に自生する植物に悪影響を与えています。細かいゴミや、大きなものは廃タイヤなど、浜辺に転がっている様々な漂着物やゴミを除去していきます。

 このような海岸清掃は、演習のたびに行われる「地域貢献活動」の一環。軍として地元の人々に尽くし、理解を深めてもらおうと実施されるものです。武力だけでなく、こういう形でも海を守るのが海軍の精神なのですね。

Image:U.S.Navy

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ラトビアの新型警戒監視レーダー、導入試験終了
アメリカ・インドネシア空軍の合同訓練「コープ・ウエスト」始まる
BAEシステムズがDIMDEXでイギリス海軍向け新型フリゲートの設計案を公開

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy