ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドン・ディアブロ、独自の仮想通貨HEXCOINと仮想世界HEXAGONIAをローンチ

ドン・ディアブロ、独自の仮想通貨HEXCOINと仮想世界HEXAGONIAをローンチ

 最新テクノロジーと関係が深いエレクトロ・ダンス・ミュージックのプロデューサーやDJは仮想通貨に興味がある者が多いようで、例えば3LAUは昨年12月に初心用ガイドを公開していたり、ギャレス・エメリー(Gareth Emery)はCHOONというブロックチェーン・ベースの音楽流通販売サービスを立ち上げたり、Gramatikは自身の音楽を直接オーディエンスに届ける為にGRMTKという独自の仮想通貨を作った。

 こうしたなか、今度はオランダのDJドン・ディアブロが新たにHEXCOIN (ヘックスコイン)という自分独自の仮想通貨を作り、ユーザーがHEXAGONIA (ヘクサゴニア)というネットワーク上の世界にアクセスして彼の音楽や商品を購入したり、ヴァーチャルや拡張コミュニティーに参加できたりするシステムを発表した。

 彼はプレス・リリースで、「エレクトロニック・ミュージックのクリエイターとして、以前からずっとテクノロジーや、それが自分のアートを外の世界とつなげてくれる方法について取り組んできた。HEXCOINとHEXAGONIAを通じ、ファン、アーティスト、そしてテクノロジーとの境目が曖昧になり、クリエイティビティがパワフルかつ重大な方法で解き放たれる未来が見える。音楽テクノロジーの次のレベルにHexagonianや未来のファンを迎えることにとても興奮している」とコメントしている。

 ドン・ディアブロはHEXCOINプロジェクトとイニシャル・コイン・オファリング (ICO)を2018年3月12日に【SXSW 2018】(サウス バイ サウスウエスト)で発表した。音楽方面では2ndアルバム『Future』を2月9日にリリースしたばかりだ。

関連記事リンク(外部サイト)

ビヨンセ&ジェイ・Z、ジョイント・ツアーを正式発表
エミネム&ケラーニ、「ノーウェア・ファスト」をパフォーマンス
ゼイン、ネットに流出したリミックスを無料で公開「バカみたいなリークより自分のファンの方が大切」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。