ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イケメン俳優の大野拓朗、美女からのお・ね・だ・りに応えるも「体が痒い」

台湾ロケを敢行した映画『台湾より愛をこめて』(3月24日公開)の完成報告会見が12日都内で行われ、主演の大野拓朗、共演の落合モトキ、岡本夏美、三原慧悟監督が参加した。

売れないお笑い芸人・雄介役の大野は「撮影は短い期間で行われましたが、どうすれば面白くなるか、寝る間を惜しんで毎晩考えました。現場では色々な案を出して、観客の皆さんを一生懸命に楽しませようと、台湾に感謝を伝えようと思いながらの撮影でした。だからこそ公開も待ち遠しい」と主演映画公開に期待。雄介たちが台湾で出会う夢追う少女メイ役の岡本も「台湾の温かさもそうだし、いつになっても夢を追うのは素敵だと感じられる作品になった」とアピールした。

そんな中、お笑い芸人役の大野へ岡本が「凄い面白いギャグがるんです!毎回笑ってしまった」といきなりの無茶ぶり。大野は「これはやらなきゃダメでしょう!」と場を盛り上げるために、“ジャンケンからの仲良し”という内容の一発ギャグを全力披露し、一応はウケを取ったものの「なんかここら辺が痒い!」と脇腹辺りをかきむしっていた。

そんな大野に三原監督は「大野さんは気遣いのできるイケメン。本来ならばこちらが気を遣わなければいけないのに、大野さんの方から気を使ってくれて、疲れた顔も嫌な顔もしない。素敵なリーダーだった」と太鼓判。岡本も「凄くカッコいい…お兄さんだと思った」と褒めちぎり。

当の大野は「主役を務めさせてもらえるのは幸せなこと。引っ張りたいというタイプではなく、どちらかといえばみんなの背中を後ろから押したいタイプ。自分が率先して楽しむことで楽しい現場になるものだから」と座長としてクールに締め括った。週刊女性 2017-12-05 発売号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy