ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『シン・ゴジラ』もあるじゃん! Amazonプライム・ビデオが夏休みの予定を潰しにきている件
  • 映画『ブレードランナー』の続編の公開日、2017年10月に早まる
  • リーアム・ニーソン、スペインのスリラー映画『暴走車 ランナウェイ・カー』のリメイク版に出演へ
  • 『シン・ゴジラ』発声・コスプレ・サイリウムOK上映 8月15日19時@新宿バルト9で開催決定!
  • 【インタビュー】映画『スパイダーマン:ホームカミング』のジョン・ワッツ監督、超大作に抜擢された経緯やマイケル・キートン演じる悪役ヴァルチャーについて語る
  • インド映画世界興収歴代No.3の感動作! 『バジュランギおじさんと、小さな迷子』幻となった豪華絢爛なミュージカルシーン
  • 約3万円 『美女と野獣』ベルに扮したエマ・ワトソンがフィギュア化! ルミエールやポット夫人も付属 
  • 映画レビュー:セリフをしっかり聞いていれば“ちゃんと”謎解き出来る『オリエント急行殺人事件』
  • 【新年サメ始め】さすが『午後ロー』今年もブレない! サメ映画『シャーク・アタック』シリーズ全作放送[ホラー通信]
  • シュワちゃんが『ターミネーター』ベルリン・プレミアに登場 T-800役は「自転車に乗るようなもの」
  • 名優マイケル・ダグラスが『アントマン』を語る「ヒーローアクションに出ている俳優が羨ましかった」
  • 劇場版『エグゼイド』『キュウレンジャー』製作発表会見「ネタバレできないんで」【写真】
  • 映画『セックス・アンド・ザ・シティ』の3作目が製作中止、クリスティン・デイヴィスは「本当にがっかり」
  • 映画『アントマン』の次回作、エヴァンジェリン・リリーがワスプ役の姿を公開
  • 映画『アナザー Another』前夜祭番組も!『角川ニコニコ夏祭り』で新感覚読書体験
  • 『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』への複雑な思いと映画製作に滾らせる情熱 『スカイライン-奪還-』コリン・ストラウス(プロデューサー)インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガツン感を強化した冷涼ビール『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』、史上最大のソーシャル・フェス開幕だっ!

アサヒビールの“絶対的エース”「アサヒスーパードライ」。昨年、発売30周年を迎えたが、それを記念した特別限定醸造商品『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』が期間限定で発売された。その「瞬冷辛口」がレギュラーになって帰ってきた! 発売に合わせ、アサヒビール史上最大規模のSNSデジタルプロモーション「瞬冷 Social FES(ソーシャル・フェス)」が2日間限定で開催される。どんなフェスなのか、直前情報をレポートしよう!

楽しそうなコンテンツいっぱいのソーシャル・フェス

「アサヒィ スゥプァードゥラァァァイ!」というテレビCMが一世を風靡したのは、「アサヒスーパードライ」デビューの1987年。作家の落合信彦氏が出演し、ジョン・ウォーレンのCMソングを思い出すのは記者だけではないはずだ。そんな「アサヒスーパードライ」も去年、発売30周年を迎えた。それを記念した期間限定商品『アサヒスーパードライ 瞬冷辛口』(350ml缶/500ml缶・実勢価格税込約193円・2018年3月13日発売)が、さらに冷涼感を強化してカムバックする!

アサヒビール史上最大規模の景品総額となる「瞬冷 Social FES」

「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」の発売に合わせ、アサヒビール史上最大規模の景品総額となるキャンペーン瞬冷 Social FESが3月13、14日の2日間展開される。なお、このフェスにはスマートフォンからしか参加できないので注意が必要だ。

 

このソーシャル・フェスは3月13日0時から48時間にわたって開かれるキャンペーン。LINE、Twitterユーザーを対象にしたデジタルイベントで、参加者全員がもれなくもらえるデジタルコンテンツコーナーや、抽選でさまざまな景品が当たるゲーム、コンビニで使える割引チケットがもらえるデジタル屋台、SNSフォトコンテストなど、大盤振る舞いの2日間なのだ!

楽しそうなコンテンツが並んでいるぞ!

しかもイメージキャラクターは、なんとジョニデ(ジョニー・デップ)。もう本気度がまるで違うといった感じ。ちなみに新キャストに目下一番人気俳優・高橋一生の起用も決まっているとか。

これだけのキャンペーンを打つということは、アサヒビールはそうとう「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」に自信を持っているのだろう。それでは、どれほどの味なのか、実際に飲んで確認してみよう。

含まれる糖質は2.5g(100mlあたり)と、通常のビールが3.5g程度なのに比べて低めとなっている。エネルギーも41kcalと一般的なビールの80%程度という。これが、スッキリとした味わいにつながっているようだ。

それでは、ビールをグラスに注いでみる。

 

見た感じは、いわゆるビールの色、泡の出方。まあ、ビールなのだから当たり前といえば当たり前なのだが……。別段、変わった印象はない。

「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」をひと口含んでみる。なんというか、ノーマルの「アサヒスーパードライ」にあるガツンと来る味わいが、さらに強化された印象。これを“瞬冷”と表現しているのか、なるほど。そして、後味はスッキリ。この後味の良さとスッキリした感じが、若者に受けるのだろう。現に、昨年の期間限定発売時は、20~30代の若者に非常に大きな支持を受けたそうだ。

 

まとめ:新たな定番ビールとして大々的なデビュー

ビッグなキャンペーンで話題が先行気味ではあるものの、味わいはさすが「アサヒスーパードライ」のスピンオフ?なので、しっかりと硬派なビール。ドイツ産希少ホップを使用し、麦芽比率と発酵度を高め、後味の良さに磨きをかけて戻ってきただけあって、思わず「旨い!」と口からこぼれた。ゲップとともに。

 

パッケージのデザインも、ノーマルの「アサヒスーパードライ」のイメージを踏襲しつつ、少し明るめに変更を加え、ロゴもインパクトの強い水色に近いブルーとなって爽やかさがアップ。若者への訴求もバッチリという印象だ。

 

関連記事リンク(外部サイト)

『アサヒスーパードライ エクストラシャープ』は極限までドライに絞り上げた高品質ビールの理想型!
サッポロビール『ヱビス 華みやび』リニューアル! これまでのヱビスシリーズとの違いを飲み比べてチェックした!
『アサヒスーパードライ スペシャルパッケージ』はビールの歴史を変えた「スーパードライ」の衣替え限定Ver.
度数をさらに8%にアップした高アルコールビール類・サントリー『頂』。トップは譲らない!
『アサヒスーパードライ 煎りたてコクのプレミアム』はグッとくる苦みと深い焙煎香とビール特有の甘みに痺れる

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。