ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

確定申告でとても役立つ家計簿アプリ

毎年この時期になるとその年の確定申告の締切日が迫り収支の計算や申告表の作成で右往左往しています。
そんな私が確定申告を行う上でいつもお世話になっているツールがスマートフォンでも使える家計簿アプリです。
家計簿アプリなら現金以外の支出が自動的に記録されていくので、申告期限ギリギリになっても短時間で大半んの収支を計算することができます(もちろん業種や仕事内容にも変わってきますが・・・)。
私は家計簿アプリの中でも古くから存在しているという理由で有名な「マネーフォワード」を使用しています。
マネーフォワードに限らず、いわゆる家計簿アプリでは複数の銀行口座やクレジットカード、電子マネー、ネット通販、投資の収支をまとめて管理できるので、振込(収入)はもちろんのこと、記録したり後で探すのが面倒な細々としたカード払いの支出を簡単かつ短時間で抜き出すことができます。
例えば、仕事で購入した Amazon の商品をピックアップすることはアプリ画面を見ればできますし、複数持っている携帯電話の支払いもマネーフォワードに記録できるので、銀行や Amazon、携帯会社の WEB サイトを位いちいち開く必要はありません。
これが家計簿アプリのとても便利なところです。
近年ではスマートフォンやタブレットの普及、ネットサービスの充実に伴い支出の中でもデジタル支出の割合が大きくなってきており、仕事の形態によってはもはやそれらを無視することはできません。
確定申告に含める必要の有る無しに関係なく、今後はそうしたデジタル支出を管理することも必要になっていくと思います。

■関連記事
$99の高性能トイドローン「DJI Tello」が海外で発売開始
Xperia XZ2(H8296)の実機レポート
「HOYA 暗所視支援メガネ MW10」を網膜色素変性症患者で夜盲症の私が実際に体験した感想

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。