体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南房総低山ハイク。とみやま水仙遊歩道で満開の水仙を愛でる旅

南房総低山ハイク。とみやま水仙遊歩道で満開の水仙を愛でる旅

車窓に広がる海は、東京湾と相模灘をつなぐ浦賀水道だ。遠く対岸には神奈川の三浦半島が見えている。今回の低山ハイクは、千葉県南房総の富浦と岩井を歩く。1日目は海と岬の冒険、2日目が山行の予定だ。岬の冒険と里山歩きを存分に楽しむべく、動きやすくて滑りにくい靴、そして海風や自然道に適した服装で向かう。油断なく、万全の格好でいざ房総へ!

JR東京駅を出発し、JR蘇我駅で内房線に乗り換え、JR富浦駅まで約2時間半。早朝に都内を出てかなり眠いはずだけれど、富浦駅への到着を前に、すでに気分はアゲアゲである。至極の南房総旅、いよいよスタートだ。

平日でも正午過ぎにほぼ完売!人気店でランチ

始発で東京を出発したので、早朝の原岡海岸に立つことができた。富浦駅からは徒歩10分ほどだ。目の前には真っ青な東京湾の外海と憧れの原岡桟橋。静かに波を受けながら、沖合まで真っすぐにのびている。対岸には神奈川、その隣は東京なのだから、なんというか“職場”が見えている安心感のようなものがある。平日の朝っぱらから遊んでいるという罪悪感のようなものを感じないのは、いつ仕事で呼び出されても戻れる気がするからだろうか。いや戻りませんけど。

原岡海岸

誰もいない海を眺める。都会の喧騒の中でもがきながら仕事をする日常と相当なギャップがあり、それだけでも波とともに心も洗われる思いだ。さあ、最初の目的地は大房岬(たいぶさみさき)の「おさかな倶楽部」。評判の高い海の幸を“餌”に、20分ほどてくてく海岸線を歩く。

おさかな倶楽部 外観

“浜の台所”とも呼ばれる岩井富浦漁協直営の「おさかな倶楽部」は、とにかく魚がうまい。メニューボードには旬な魚がズラリと並び、目移りしてしまう。とにかくおなかがすいていたので、定番の「まんぷく定食」一択で。刺身、フライ、煮魚と欲張りなメニューに舌鼓を打ち、大満足である。

おさかな倶楽部 まんぷく定食

ここは開店から1時間が勝負だ。平日のこの日ですら、11時の開店とともに順調にお客さんが入り、12時過ぎにはほぼすべてのメニューに「完売」の札がついた。なんとも衝撃。

おさかな倶楽部 メニューボード

小さいけど大満足!大房岬でオトナの大冒険

食後はいよいよ大房岬を探検する。地図で確認してみると、大きな房総半島の中に極めて小さな突端がちょこっと飛び出している。南房総国定公園の中にあり、自然や文化遺構がよく残っている小さな岬で、その昔は「大武佐」と書いたそうだ。

大房岬自然公園 海岸園地

腹ごなしに向かったのは、芝生が広がる「海岸園地」だ。竹林に囲まれた遊歩道から一気に視界が広がると、まぶしい海が目に飛び込み、日差しと海風が気持ちいい。

大房岬自然公園 ダイナミックな地形を眺める

荒波と強い風とに浸食された断崖がダイナミックで、波打ち際の「南けい船場」付近からは、およそ1,000万年前に堆積した火山灰などが幾層にもなる様子がよくわかる。

大房岬自然公園 行者窟 不動滝

小さな岬だが、南房総の歴史はしっかり刻まれている。室町時代にこの地を平定し、安房里見氏の始祖となった里見義実(よしざね)は、ここ大房の行者窟の不動滝で身を清めて武運を祈った。「大いに武を佐(たす)けた」ことから大武佐となり、現在の「大房」の地名由来となった。時を経て幕末から近代になると、外国船などから首都・東京の防衛を果たす要塞となり、今もその軍事遺構が生々しく残る。

大房岬自然公園 洞穴

岬の西端には、弁天さまこと弁財天の洞穴がある。弁財天とは、もともとヒンドゥーの女神サラスヴァティが起源とされ、日本では九州の宗像に祀られる女神のこと。厳島、天河、竹生島、金華山そして江ノ島が日本五大弁天として知られており、水辺に祭られることが多く、海はもちろん山中の湖沼などでもよく見かける。一年の多くを各地の低山で過ごすぼくとしては、山でよく会う女神だったりする。というわけで、日ごろの感謝にお礼参り。

1 2次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。