ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビールで自分の街を応援する、というカルチャーを。

ビールで自分の街を応援する、というカルチャーを。

日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。
名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。

ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦酒が2017年に最初に売り出したのは「ベルジャンホワイト」タイプ。ベルギーで14世紀頃から伝統的に作られているもので、ホワイトビールやヴァイツェンなんて呼ばれ方もしますね。

ホワイトは、小麦のことです。

1週間つけ込む「ゆずの皮」で
フルーティに

ビールで自分の街を応援する、というカルチャーを。

そんな小麦の割合が多いベルジャンホワイトは通常、コリアンダーシードやオレンジピールで香りづけします。ただ日南麦酒はオレンジの代わりに「南九州産の生ゆずピール」を使っているんです。

「醗酵が終わるくらいのタイミングで、香りづけとして生のゆずの皮を5日〜1週間くらいつけ込みます」

と、オーナー兼ブルワーの橋本彰史さん。

もともとは焼酎蔵で働いていたそうですが、近年のクラフトビールの勢いにチャンスを感じ、日南麦酒の構想をスタート。

きっかけは、東銀座の「八蛮」

ビールで自分の街を応援する、というカルチャーを。

「もともとビールは飲んでいましたけど、そこまで好きではなかったんです。ただ、あるとき偶然飲んだサミュエル・アダムスのボストンラガーが驚くほどおいしくて、そこから好きになりました。自分の街のクラフトビールを飲んで応援する、というカルチャーもいいですよね。ただ、ビールを作るとなったら大手メーカーのように大きい工場が必要だと思い込んでいて、自分でやれるなんて考えもしませんでした。

 

そんなとき、たまたま東銀座の『八蛮(はちばん)』っていう居酒屋へ行ったら、お店のなかの狭いスペースで地ビールを作っていて(笑)。衝撃でした。もしかしたら自分にもできるかもしれない、と勉強をしはじめたんです」

そこから約7年後に誕生したのが、日南麦酒。

酒類製造免許などを取得するにあたっては、島根のマイクロブルワリー「石見麦酒」や、鹿児島の「城山ブルワリー」で研修を受けたそうです。

次は、セゾンビール?

早くも、第2弾以降を期待する声は多い。

「次は、セゾンビールを考えています。ベルギーの農家さんが夏場のお昼休みとかに飲んでいたと言われるもので、スッキリと喉が潤せるタイプですね」

 

日南で生まれ育った橋本さんにとって、地元の名前を冠したクラフトビールが造れるのは、とても感慨深いこと。かつて衝撃を受けたというボストンラガーやブルックリンラガーのように、街を愛し、街に愛されるような、明るい一杯でした。ビールで自分の街を応援する、というカルチャーを。

日南麦酒 ベルジャンホワイト

原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、小麦、ホップ、ゆずピール(南九州産)、コリアンダーシード
麦芽使用率:90%以上
内容量:330ml
アルコール分:4.5%以上5.5%未満

 

「日南麦酒」

住所:宮崎県日南市吾田東1丁目1-37
TEL:050-1485-8425

Photo by JAPAN LOCAL取材協力: 日南市

関連記事リンク(外部サイト)

「ひでじはバカ」? いいえ、愛に溢れた宮崎のビール会社です。
茨城県・木内酒造でつくられる、世界に羽ばたく「クラフトビール」
知っておきたい「地ビール」と「クラフトビール」の違い

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy