ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お金が貯まらない「ブラックボックス家計」って? 夫婦の財布問題

お金が貯まらない「ブラックボックス家計」って? 夫婦の財布問題
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。3月8日(木)のオンエアでは、「夫婦の財布問題」にフォーカス。オフィスベネフィット代表でファイナンシャルプランナーの岩城みずほさんにお話を伺いました。

共働きの夫婦で、お互いの年収も貯金額もわからない状態を「ブラックボックス家計」と呼びます。プロのファイナンシャルプランナーからすると、お金が貯まらずとても危険な状態なんだとか。

岩城:「ブラックボックス家計」の夫婦は、自分の稼いだお金は自分のものという意識があるので、ついつい浪費をしてしまいます。お互いの収入を隠さない「ガラス張り家計」のほうがお金は貯まるんです。

その理由を、岩城さんはこう語ります。

岩城:共働き家計の場合、結婚して収入が倍になったとしても、支出は絶対に倍にはなりません。1人のときよりも、家賃負担が少なくなるとか、外食が減って食費が減るなど余裕ができるはずなんです。ガラス張り家計だとその余裕の部分を貯蓄にまわせるけれど、ブラックボックス家計だとお互いにどのくらいの貯蓄をしているとか、収入もあやふやなので、好きに使ってしまいます。

ガラス張り家計のよい点は、家計経済の考え方を持ち、人生においてどのくらいのお金が必要かについてきちんと夫婦で共有できること。また、メリットとして、“手取り年収の何パーセントを貯蓄にまわす必要があるか”が共有でき、それさえ守ればあとは自由に使っても構わなくなるということがあります。

ただ、どうしても別々の家計にしたいという人もいるでしょう。その場合は、必ず人生を通してどのくらいの貯蓄をしていくべきなのかを明確に数字にして。きちんと貯蓄し、毎月夫婦で「ちゃんと貯金できたよね」と確認することが大事だと、岩城さんは話しました。みなさんも参考にしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy