ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BAEシステムズがDIMDEXでイギリス海軍向け新型フリゲートの設計案を公開

BAEシステムズがDIMDEXでイギリス海軍向け新型フリゲートの設計案を公開 BAEシステムズの31e型フリゲート設計案(Image:BAE Systems)

 イギリス海軍が2020年代の就役を予定している新型フリゲート、31e型。BAEシステムズは3月12日〜14日(現地時間)にカタールのドーハで開かれる防衛見本市「DIMDEX(Doha International Maritime Defence Exhibition & Conference)」で、その設計案を公開しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 2010年のイギリス防衛白書でその原案的要素が出てきた31e型フリゲート。国際貢献活動で海軍の活動範囲が広がる中、麻薬密輸や海賊対処、さらには災害派遣など、様々な任務に対処できる汎用型として、他の艦艇との連携能力を向上させたものとして構想されています。将来にわたって活躍でき、さらには2030年代ごろの就役を構想している新型駆逐艦の基本設計にも発展できるよう、先進的な機能も盛り込んだものとすることが必要とされ、現在就役中の23型フリゲート13隻を置き換えます。

 このプログラムで、最初の5隻建造を4年総額2億5000万ポンドで、BAEシステムズ、キャメル・レアードほか3社が「チーム・リアンダー」として受注。プログラム全体では12億5000万ポンドに及ぶとされています。船体の建造はキャメル・レアードが行い、BAEシステムズが全体のコーディネートを行います。

 公表された設計案は「リアンダー・デザインコセプト」と題されたもの。リアンダーという名は、かつてイギリス海軍で運用していた、公式な型式名として番号を唯一用いなかったフリゲートと同じです。

 リアンダー・デザイン案によると、31e型フリゲートは全長117m。最高速度25ノットで作戦半径7500海里とされています。ステルス性に配慮された全体的にノッペリとした外観で、公海や湾内での運用に適したものになっており、後部にはヘリコプターが発着する飛行甲板を備えています。

 単艦での行動だけでなく、他国の部隊を含む艦隊の一員として行動できるよう、データリンク等にも配慮され、先進的な火器管制システムも盛り込むとのこと。この設計案をもとにさらにブラッシュアップし、1番艦の製造は2020年に開始される予定です。

Image:BAE Systems

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

日本が誇る防衛力対決 陸海空の筋肉自慢が競い合う「自衛隊ベストボディ2018」開催決定
帰国した平昌五輪オランダ代表チーム代表を空軍戦闘機がエスコート
アメリカ陸軍がUH-72Aラコタを35機追加発注

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。