ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅先で驚くほど簡単に「ローカル」を体感する方法

旅先で驚くほど簡単に「ローカル」を体感する方法

Airbnbで選べる「部屋のグレード」の追加によって、ますます旅の幅が広がりました。ざっくりと説明すれば、格安旅行から、ワガママに応えてくれる贅沢なものまで。

これが旅の入り口を広げる施策だとするなら、Airbnbはその最中の「体験」にもフォーカスしていて、それを強化していくようです。

好きなものに出会う。
それが「旅」。

現在、Airbnbのトップページを見ると、「宿泊先」だけでなく「体験」という項目もチェックできるようになっています。2016年から始まったため、知っている人の方が多いと思いますが…。

ツアーとはまた異なる、ローカルしか知らない限りある情報を知るチャンスなので、たくさんの人が楽しんでいるそうです。その人気ぶりは、2017年で予約件数が2,500%増になったという事実からも判断できます。

そして、Airbnbは新たにポピュラーなカテゴリーを増やしていくと、先日発表しました。追加されるのは、主に4つ。

・Airbnb コンサート
・ソーシャルダイニング
・アドベンチャー
・社会貢献

つまり、それぞれのユーザーの好みに合った体験ができるようになったということ。例えば、旅先の音楽を聴いてみたい、ローカルの友だちを作りたいという願いだったり、未知なる場所に行きたい、困っている人を助けたいという欲望だったり。僕たちの多岐にわたる興味を、アップグレードされたAirbnbの「体験」で、さらに探求できるのでしょう。

この流れを受けて、改めて考えてみると………。

「旅」のあり方は変わってきているのかもしれません。旅先で驚くほど簡単に「ローカル」を体感する方法旅先で驚くほど簡単に「ローカル」を体感する方法

Airbnbの新たな発表によって、旅の選択肢が広がることが予想できます。言い換えれば、今まで以上にハードルが下がるということ。つまり、これからは自分の日常生活の延長線上に「旅」が置かれるのでしょう。いや、すでにその流れは始まっていると言ってもいいかもしれません。

異なる国や地域、街に暮らしている人の生活を体感するだけではなく、自分のやりたいことと好きなものに旅を通して出会う、みたいな。Licensed material used with permission by Airbnb

関連記事リンク(外部サイト)

暮らすように旅をしたいとか言いつつ、「おもてなし」も受けたい。
泊まらないAirbnbの「体験」がすごかった
旅は人生を変えたのか。「原体験」を語る4人のコトバ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy