ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中で愛されるカナダの女性画家の半生を描く感動のドラマ

1803101

カナダのフォークアート画家・モード・ルイスと、彼女を献身的に支えた夫・エベレットの実話を描く映画『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』が公開。

小さな町で叔母と暮らすモードは、絵を描くことと自由を愛していた。子供の頃から重度のリウマチを患うモードだが、ある日、家政婦募集の広告を貼り出した男に興味を持ち、彼が暮らす家を訪れる。男は、孤児院育ちで学もなく、生きることに精一杯だったエベレット。はみ出し者同士の同居生活はトラブル続きだったが、徐々に違いを認め合い、結婚するまでに。そんな時、エベレットの顧客・サンドラが家を訪れ、モードが壁に描いたニワトリの絵を見て一目で才能を見抜いた彼女は、モードに絵の創作を依頼する。サンドラの期待に応えようとモードは夢中で筆を動かし始め、やがて雑誌やテレビで取り上げられ評判を集めていく――。

二人が住んだペインテッドハウスを再現し、夫婦の出会いや確かな絆を丁寧に描く感動作!

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
監督:アシュリング・ウォルシュ
出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク
(2016年/カナダ・アイルランド)
公開中
© 2016 Small Shack Productions Inc./ Painted House Films Inc./ Parallel Films (Maudie) Ltd.
http://shiawase-enogu.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy