ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

誰もわかってくれる人がいない…その寂しさがスタートに! コムアイが語る 

誰もわかってくれる人がいない…その寂しさがスタートに! コムアイが語る 
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜担当ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。3月7日(水)のオンエアでは、一人で音楽制作をしているリスナーから届いたメールをきっかけにトーク。また、コムアイが父親への本音を吐露しました。

■一人で何かに打ち込む「寂しさ」がスタートに

先日の放送で、コムアイは「頭が良くないと、 DTMはできないよね」と発言、すると、DTMで音楽を作っているというリスナーから「話を聞いて救われた」というメールが届きました。

「私は近くに一緒に音楽をやれるような友だちがいないし、家で一人でやっています。心のどこかで、『一人でDTMをやっているのは寂しいな』と思っていました。でもコムアイちゃんの言葉で、私にも誇れるものがあると気づきました。これからもコムアイちゃんのことを、ずっと推していこうと思いました。

コムアイは、「自分が好きなものは一人で見つけないと、同じものが好きな友達も見つからない」と切り出しました。これにはトラックメイカーで、DTMを使って音楽を作っているケンモチヒデフミも共感。

コムアイ:趣味ができてくると、オタク同士で繋がるよね。服でも音楽でもそうだけど「自分はこれが好きだけど、誰もわかってくれる人がいない」っていうのがスタート。それから、共通の友だちができてきて、幸せを感じるようになるよね。
ケンモチ:「DTMをやってる」って言うと、人を絞れるんです。「私、音楽が好きなの」っていう人だと、あとで「意外と浅いな」っていう話になってイザコザが出てくるけど、DTMをやってる人とはけっこう仲良くなれます。
コムアイ:なるほどね。同じ悩みを抱えてたりとか、機材の話とかもあるし。

最後にケンモチは「DTM仲間を増やしていきましょう!」と訴えかけていました。

■コムアイ、父親に「やめてほしい」

続いて「自分が出た番組はオンエアでチェックしますか? また、ご家族はメディアに出たことに対して『見たよ』とか、何か反応してきたりしますか?」という質問を紹介。

実は、コムアイ家では親戚ごとにLINEグループが分かれていて、コムアイが何かで紹介されると、父親がLINEグループで報告するそうです。コムアイは「やめてほしい」と思っているそうで……。

コムアイ:最初の頃はみんな反応してくれたんだけど。今は誰も反応しなくて。みんなも「わかったよ」っていう感じだし。
ケンモチ:でも、まあ、言われなくなったら寂しいんじゃない? お父様、今後ともチェック、お願いします。
コムアイ:軽ーくね、軽ーくでいいんですよ。

そのほか、「職場の人との人間関係がうまくいかない」というリスナーの相談にのったり、「SPARK BOX」のコーナーではケンモチが思わず「エレガント!」と唸った作品を紹介したりと、充実した回となりました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。